「水野和敏的視点」 vol.9「アコードハイブリッド」VS「アテンザセダンXD」

2013.08.09 mobileCG

水野和敏的視点
vol.9 「ホンダ・アコードハイブリッド」vs「マツダ・アテンザセダンXD」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特別企画「水野和敏的視点」。今回は、日本の350万円級セダンの一騎打ち。ハイブリッドシステムとクリーンディーゼルエンジンを搭載する2台の意欲作に“ミスターGT-R”が挑む。


「水野和敏的視点」 vol.9「アコードハイブリッド」VS「アテンザセダンXD」の画像 拡大
ホンダ・アコードハイブリッドLX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4915×1850×1465mm/ホイールベース:2775mm/車重:1620kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/エンジン最高出力:143ps/6200rpm/エンジン最大トルク:16.8kgm/3500-6000rpm/モーター最高出力:169ps/3857-8000rpm/モーター最大トルク:31.3kgm/0-3857rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/価格:365万円
ホンダ・アコードハイブリッドLX
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4915×1850×1465mm/ホイールベース:2775mm/車重:1620kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/エンジン最高出力:143ps/6200rpm/エンジン最大トルク:16.8kgm/3500-6000rpm/モーター最高出力:169ps/3857-8000rpm/モーター最大トルク:31.3kgm/0-3857rpm/タイヤ:(前)225/50R17 (後)225/50R17/価格:365万円 拡大
マツダ・アテンザセダンXD Lパッケージ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4860×1840×1450mm/ホイールベース=2830mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:175ps/4500rpm/最大トルク:42.8kgm/2000rpm/タイヤ:(前)225/45R19 (後)225/45R19/価格:345万2500円
マツダ・アテンザセダンXD Lパッケージ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4860×1840×1450mm/ホイールベース=2830mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/エンジン:2.2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼルターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:175ps/4500rpm/最大トルク:42.8kgm/2000rpm/タイヤ:(前)225/45R19 (後)225/45R19/価格:345万2500円 拡大

■メーカーはサボっている

今回の比較は、350万円級日本車のセダン対決。かたや新しいハイブリッドシステムを搭載した「ホンダ・アコードハイブリッドLX」(365万円)、こなた2.2リッターディーゼルの評判が高い「マツダ・アテンザセダンXD Lパッケージ」(345万2500円)です。

日本では「セダンが売れない」と言われて久しいですが、どうでしょう。私には、日本のセダンが進化していないように思えます。例えばメルセデス・ベンツの「Cクラス」やBMWの「3シリーズ」、その上位車種たる「Eクラス」や「5シリーズ」は、コンスタントに売れ続けています。

セダンという車型は、ワゴン、ハッチバック、それにワンボックスタイプと比較して、有利な部分がたくさんあります。それにもかかわらず、現実の和製セダンは、ハンドリングも乗り心地も他の車型と大差ありません。そうしたら、ユーティリティーを求める人はワンボックスにいきますから、路上はミニバンだらけになりますよ。

セダンゆえの静粛性、ハンドリングのよさ。そうした魅力が出ていないとしたら、「日本の自動車メーカーがサボっている」。そう言われても仕方ないと思います。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
アコードアテンザセダンホンダマツダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ、最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ 2018.2.8 自動車ニュース ホンダが最上級セダン「レジェンド」をマイナーチェンジ。運転支援システムに、渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能「トラフィックジャムアシスト」を採用した。ボディーやシャシーに改良を施すことで、運動性能や乗り心地の改善も図っている。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
ホームへ戻る