BMW 335iグランツーリスモ スポーツ(FR/8AT)

実用的かつ個性的 2013.08.20 試乗記 「3シリーズ」に新たに加わったセダンベースの5ドアハッチ「グランツーリスモ」。ワゴンモデルである「ツーリング」にはない魅力を探った。

5シリーズ並みの“押し出し”

自動車業界のトレンドセッターたるBMWがリリースした新しい車型が、「グランツーリスモ(GT)」。「5シリーズ」には2009年、「3シリーズ」には2013年から加わった。新しい車型とはいっても、要はセダンベースの5ドアハッチだが、ストレートにハッチバックと呼ばないのが、プレミアムブランドのズルいところ。

大きなハッチを持つことで、荷室へのアクセスが飛躍的に向上するのがこの手のクルマの利点だが、後ろに積むのは、あくまで遠い旅先で長逗留(とうりゅう)するための荷物(ということになっている)。BMW GTは、グランドツアーを楽しむための道具であって、仕事道具をたくさん積めたり、日々の雑事をこなすのに便利……なわけじゃあ、ありません。バイエルンの自動車メーカーは、そう言いたいわけだ。そういえば、かつての3ドアハッチは、「Ti」ことツーリングインターナショナルを名乗っていたっけ。「国境を越え、大陸を駆けぬける歓び」。うーん、カッコいいぜ、ビー・エム・ダブリュー!

さて、今回の試乗車、「3シリーズ グランツーリスモ」にも、5シリーズ同様、ノーマルモデルよりストレッチした車台が使われる。ホイールベースは、2810mmのセダンより110mmも長い2920mm。ドンガラの大きなクルマが好まれる、中国市場向けのプラットフォームである。

上屋も立派なサイズで、全長4825mm、全幅1830mm、全高1510mm。背が高くて塊感があるので、普通の5シリーズに勝るとも劣らない“押し出し”がある。

日本でのラインナップは、
・320iグランツーリスモ:494万円
・328iグランツーリスモ:599万円
・335iグランツーリスモ:730万円

「ツーリング」こと3シリーズワゴンと単純に価格だけ比較すると、GTはワゴンより、順に23万円、8万円、16万円高となる。グランツーリスモの荷室容量は、ツーリングより25リッターも大きい520リッター。トレンドを逃したくないビマー(BMWオーナー)の方々が「いま買う!」としたら、「ツーリングよりグランツーリスモ」になるんじゃないでしょうか。

「3シリーズ グランツーリスモ」のボディーサイズは、「3シリーズ ツーリング」よりも全長×全幅×全高でそれぞれ200×30×50mm大きく、ホイールベースは110mm長い。
「BMW 335iグランツーリスモ スポーツ」の室内。テスト車のインテリアトリム「ブラッシュドアルミトリム/マットコーラルレッドハイライト」(2万7000円)はオプション。
デザインパッケージの「スポーツ」にはホールド性の高い「スポーツシート」が標準で装備される。
後席の足元は「3シリーズ ツーリング」より70mm拡大されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ グランツーリスモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る