クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)

脱・実用ハッチバック 2013.08.16 試乗記 4代目となった、新型「ルノー・ルーテシア」に試乗。新開発のエンジンとトランスミッションを得て、フレンチ・コンパクトの走りは、どう変わった?

座って感じる、ルノーの味

雨にぬれた緑の芝生の上に、赤、青、黄色と、新しい「ルノー・ルーテシア」が並んでいる。赤と青のクルマには、アルミホイールの一部にもボディーカラーが使われ、わかりやすくオシャレさん。「小ぶりなハッチには、黄色がよく似合うねぇ」と眺めているうちに、われわれが乗るテスト車が戻ってきた。

「アオキさんには、やっぱり青のクルマでしょ!」なんて、わりとヒネリのないことを言いながら、広報担当の人が鍵を渡してくれる。目の前には、「ブルー ドゥ フランス」と呼ばれる青にペイントされたルーテシア。薄めの青で、派手すぎない、いい色だ。

ドアを開けると、「パック クルール ブルー」こと色を合わせたセットオプション装着車で、ホイールほか、ダッシュボード、ドアパネル、シートの一部などに、青い素材が使われる。最上位グレードのルーテシア インテンスにのみ用意される、“お楽しみ”オプションだ(受注生産)。ところが、内装に使われる青はやけに地味な色調で、ことにダッシュボードのそれは、粘土に練り込まれたような鈍い青。ひと昔前の文房具みたい。曇天下の石畳の街には似合いそうだが、東洋の島国ではどうだろう。

そんな不満は、運転席に座ったとたん、霧散した。「そうそう、ルーテシアのシートって、こうだったよね」と、以前、社用車として使われていた初代ルーテシアを懐かしく思い出す。見た目、インターナショナルに(!?)スポーティーなシートだが、思いのほかやんわりとした座り心地。だいぶ薄まったとはいえ、「椅子が上等」というルノーの伝統を引き継いでくれたらしい。うれしい驚き。シートポジションとミラーを合わせると、そそくさと走り始めた。

4代目となる新型「ルーテシア」。ボディーカラーは写真の赤、青、黄のほかに白、茶、黒、灰を加えた全7色が用意される。
4代目となる新型「ルーテシア」。ボディーカラーは写真の赤、青、黄のほかに白、茶、黒、灰を加えた全7色が用意される。
    拡大
ダッシュボードのデザインは、飛行機の翼がモチーフ。「軽量で硬質なモノの造形的特徴を取り入れた」という。
ダッシュボードのデザインは、飛行機の翼がモチーフ。「軽量で硬質なモノの造形的特徴を取り入れた」という。
    拡大
インテリアカラーは黒が標準。上級グレード「インテンス」に限り、写真のようなボディー同色の組み合わせも可能となる。
インテリアカラーは黒が標準。上級グレード「インテンス」に限り、写真のようなボディー同色の組み合わせも可能となる。
    拡大

ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

悩める選べるコンパクト

新型ルーテシアは、2013年9月24日に日本での販売が開始される。本国ではエステート(ワゴン)もラインナップされるが、今回、導入されるのは5ドアハッチ。機関は、1.2リッター直4ターボ(120ps、19.4kgm)とデュアルクラッチタイプの6段AT「EDC」との組み合わせのみである。

グレードと価格は以下の通り。
・インテンス:238万円
・ゼン:215万円
・アクティフ:199万8000円

ライバルの「プジョー208」が“199万円から”なのを意識したのか、ルノーのニューモデルも、ベースモデルが200万円を切ったのがニュース。ルーテシア アクティフは、フロントのフォグランプが省略され、ホイールは鉄チン+カバーに。運転席のアームレストやバックソナー、それにオートライトやオートワイパー、リアドアのパワーウィンドウも付かない。エアコンはマニュアル仕様になるが、逆にいえば、それくらいの違い、ともいえる。

エンジンマネジメントを変更するECOモードやクルーズコントロールは装備され、スタビリティーコントロール(ESC)、前席のダブル&サイドエアバッグといった安全装備にも変更はない。

208の最廉価モデル「アリュール」の場合は、3ドアボディーになり、パワーパックも1.2リッター直3ターボ+“手こぎ”の5段MTになる。上のグレードと、根本的なところで違いがあるわけだ。大筋のところで上級モデルとかわりのないルーテシア アクティフをして、「お得」と思うか「ツマラナイ」と感じるか。アナタのクルマに対する「実用:趣味」の重視度具合を探ることができるかもしれない。

ちなみに、欧州でも「クリオ」(邦名:ルーテシア)1.2リッターターボのトランスミッションは、EDCだけである。1.5リッターのディーゼルターボや0.9リッター直3ターボには、3ペダル式の5段MTが用意される。ルーテシア(や208アリュール)の売れ行き次第では、一部の趣味人向けに(?)、898ccモデルが輸入されるかもしれない。ルノージャポンは、そうした小技が上手だから、ちょっと期待しちゃいます。


ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
個性的なデザインのハロゲンヘッドランプは、全グレード共通の装備。
個性的なデザインのハロゲンヘッドランプは、全グレード共通の装備。
    拡大
運転席の眺め。3つのリングからなるメーターや左右非対称なセンタークラスターなどが、特徴的。
運転席の眺め。3つのリングからなるメーターや左右非対称なセンタークラスターなどが、特徴的。
    拡大
新開発の1.2リッター直4ターボエンジン。わずか2000rpmで19.4kgmの最大トルクを発生する。
新開発の1.2リッター直4ターボエンジン。わずか2000rpmで19.4kgmの最大トルクを発生する。
    拡大

荷室容量は、5名乗車時で先代モデル比12リッター増しの、300リッター。後席を倒すことで、スペースを拡大できる。
(写真をクリックするとリアシートの倒れるさまが見られます)


    荷室容量は、5名乗車時で先代モデル比12リッター増しの、300リッター。後席を倒すことで、スペースを拡大できる。
    (写真をクリックするとリアシートの倒れるさまが見られます)
    拡大
関連キーワード

引き締まったドライブフィール

メルセデス・ベンツが「Aクラス」で採用してからこっち、クルマのノーズに付くエンブレムは拡大の一途だ。スーパースポーツのコンセプトモデル「デジール」からデザインを取り込んだという新型ルーテシアも、鼻先に大きなひし形マークを付ける。先代より25mm延びた2600mmのホイールベースには、70mm長く、30mm幅広く、しかし40mm低い、つまりワイド&ローに、よりスポーティーなフォルムになったボディーが載る。リアドアのオープナーは、黒い窓枠に溶け込ませて、スムーズなサイドビューを見せる。

特徴的なのはリアのタイヤまわりで、ふんばり感を出すためか、フェンダーが目に見えて膨らんでいる……というより、キャビンが左右から絞り込まれる。スペース効率が追求されるコンパクトハッチにしてぜいたくな手法。と、ここまで書いて、「マツダ・アクセラ」がデビューしたときにも同じようなことを書いたなぁ、と気づく。そういえば、ルノーのデザイナー、ローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏は、以前、マツダにいたとか。常人には取っつきにくいデザインも散見されたパトリック・ルケモン氏の作品と比べると、わかりやすくカッコいいアッカー氏のニュー・ルーテシア。どこまで歳月に耐えられるのか。興味深いところだ。

さて、『webCG』スタッフをカメラカーに乗せ、ひとり勇んでルーテシアを走らせると、「アレ!? 遅い」。いかな天下の険は上り坂がキツいとはいえ、と戸惑いながらチェックすると、パーキングブレーキ横の「ECO」ボタンが点灯していた。一度エンジンを切っても、以前の設定が継続されるらしい。その名の通り、エンジン出力、アクセル開度、シフトタイミング、そしてエアコンを燃費方向に振る機能で、最大12%の燃費改善が見込めるという。でも、個人的には、使わないな。

ECOモードを解除すると、ルーテシア、生まれ変わったように活発に走る。電動パワステのチューニングにも慣れたか、ステアリングのダイレクト感も高いし、「AL4」時代のトルコンATを俎上(そじょう)に載せるまでもなく、デュアルクラッチタイプのATも遊びがなくていい。全体に、締まったドライブフィールだ。一方で、ゆるやかにロールしながら粘り強く4輪が路面を捉え続ける、といったフレンチ実用ハッチの特徴は、シートの座り心地以上に(!?)ずいぶん薄れた。国際化(この場合は、ドイツ化)したといえばいえる。この4代目からは、全数トルコ生産になるから、フレンチオリジンのターキッシュハッチと呼ぶべきか。

トルコ行進曲をBGMに、山道を軽快に走るルーテシア! そんなコマーシャルはダメかしらん。もちろん、トルコ行進曲はモーツァルトの方で。

(文=青木禎之/写真=高橋信宏)

有機的な曲面で躍動感が表現される、4代目「ルーテシア」。ルノーによれば、デザインのキーワードは、「シンプル」「官能的」そして「温かみ」。
有機的な曲面で躍動感が表現される、4代目「ルーテシア」。ルノーによれば、デザインのキーワードは、「シンプル」「官能的」そして「温かみ」。
    拡大
後席は6:4の分割可倒式。その窓側2座と助手席には、ISOFIXチャイルドシートの取り付け用のアンカーが備わる。
後席は6:4の分割可倒式。その窓側2座と助手席には、ISOFIXチャイルドシートの取り付け用のアンカーが備わる。
    拡大
高速道路を走る新型「ルーテシア」。3つのグレード全てに、クルーズコントロール機能が与えられる。
高速道路を走る新型「ルーテシア」。3つのグレード全てに、クルーズコントロール機能が与えられる。
    拡大
ホイールのサイズは、最上級グレードの「インテンス」のみ17インチ(写真)。他は16インチとなる。
ホイールのサイズは、最上級グレードの「インテンス」のみ17インチ(写真)。他は16インチとなる。
    拡大

ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

テスト車のデータ

ルノー・ルーテシア インテンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4095×1750×1445mm
ホイールベース:2600mm
車重:1210kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:120ps(88kW)/4900rpm
最大トルク:19.4kgm(190Nm)/2000rpm
タイヤ:(前)205/45R17 88V/(後)205/45R17 88V(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:--
価格:238万円/テスト車=238万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:1203km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

4代目「ルノー・ルーテシア」。従来のモデルと同様に、フランス本国では「ルノー・クリオ」の名で扱われる。
4代目「ルノー・ルーテシア」。従来のモデルと同様に、フランス本国では「ルノー・クリオ」の名で扱われる。
    拡大
シフトレバーのアップ。トランスミッションは、全車デュアルクラッチ式の6段ATとなる。
シフトレバーのアップ。トランスミッションは、全車デュアルクラッチ式の6段ATとなる。
    拡大
フロントドアパネルに搭載される「BASS REFLEXシステム」。迫力ある低音とクリアなサウンドを提供するという。
フロントドアパネルに搭載される「BASS REFLEXシステム」。迫力ある低音とクリアなサウンドを提供するという。
    拡大
あなたにおすすめの記事