ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)

脱・実用ハッチバック 2013.08.16 試乗記 4代目となった、新型「ルノー・ルーテシア」に試乗。新開発のエンジンとトランスミッションを得て、フレンチ・コンパクトの走りは、どう変わった?

座って感じる、ルノーの味

雨にぬれた緑の芝生の上に、赤、青、黄色と、新しい「ルノー・ルーテシア」が並んでいる。赤と青のクルマには、アルミホイールの一部にもボディーカラーが使われ、わかりやすくオシャレさん。「小ぶりなハッチには、黄色がよく似合うねぇ」と眺めているうちに、われわれが乗るテスト車が戻ってきた。

「アオキさんには、やっぱり青のクルマでしょ!」なんて、わりとヒネリのないことを言いながら、広報担当の人が鍵を渡してくれる。目の前には、「ブルー ドゥ フランス」と呼ばれる青にペイントされたルーテシア。薄めの青で、派手すぎない、いい色だ。

ドアを開けると、「パック クルール ブルー」こと色を合わせたセットオプション装着車で、ホイールほか、ダッシュボード、ドアパネル、シートの一部などに、青い素材が使われる。最上位グレードのルーテシア インテンスにのみ用意される、“お楽しみ”オプションだ(受注生産)。ところが、内装に使われる青はやけに地味な色調で、ことにダッシュボードのそれは、粘土に練り込まれたような鈍い青。ひと昔前の文房具みたい。曇天下の石畳の街には似合いそうだが、東洋の島国ではどうだろう。

そんな不満は、運転席に座ったとたん、霧散した。「そうそう、ルーテシアのシートって、こうだったよね」と、以前、社用車として使われていた初代ルーテシアを懐かしく思い出す。見た目、インターナショナルに(!?)スポーティーなシートだが、思いのほかやんわりとした座り心地。だいぶ薄まったとはいえ、「椅子が上等」というルノーの伝統を引き継いでくれたらしい。うれしい驚き。シートポジションとミラーを合わせると、そそくさと走り始めた。

4代目となる新型「ルーテシア」。ボディーカラーは写真の赤、青、黄のほかに白、茶、黒、灰を加えた全7色が用意される。
4代目となる新型「ルーテシア」。ボディーカラーは写真の赤、青、黄のほかに白、茶、黒、灰を加えた全7色が用意される。
ダッシュボードのデザインは、飛行機の翼がモチーフ。「軽量で硬質なモノの造形的特徴を取り入れた」という。
ダッシュボードのデザインは、飛行機の翼がモチーフ。「軽量で硬質なモノの造形的特徴を取り入れた」という。
インテリアカラーは黒が標準。上級グレード「インテンス」に限り、写真のようなボディー同色の組み合わせも可能となる。
インテリアカラーは黒が標準。上級グレード「インテンス」に限り、写真のようなボディー同色の組み合わせも可能となる。

ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る