「ダイハツ・ミラ イース」が燃費33.4kmを達成

2013.08.19 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ イースG“SA”」
「ダイハツ・ミラ イースG“SA”」

「ダイハツ・ミラ イース」が燃費33.4km/リッターを達成

ダイハツ工業は2013年8月19日、軽乗用車の「ミラ イース」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「クールドi-EGR」の図解。EGRとは燃焼による排気の一部を燃焼室内に循環させることで、ポンピングロスを低減するシステム。燃費改善に効果がある。
「クールドi-EGR」の図解。EGRとは燃焼による排気の一部を燃焼室内に循環させることで、ポンピングロスを低減するシステム。燃費改善に効果がある。
フロアアンダーカバーとタイヤディフレクターによって、ボディーの下を流れる空気を整流。空気抵抗を低減している。
フロアアンダーカバーとタイヤディフレクターによって、ボディーの下を流れる空気を整流。空気抵抗を低減している。

■燃費でガソリン車トップの地位を奪還

今回のマイナーチェンジの眼目は、これまでFF車で30.0km/リッター(JC08モード)だった燃費の向上。エンジン関係では、排気再循環システムに排出ガスの温度を下げてから燃焼室内に流入させる「クールドi-EGR」を採用したほか、タイミングチェーンをより摩擦抵抗の少ないものに変更した。

トランスミッションも、CVTの制御を見直すことで5%ハイギア化。4WD車では、リアデファレンシャルのギアをハイポイドギアからスパイラルギアに変更することで抵抗を低減した。

このほかにも、ボディーについては新形状のフロントバンパーやフロアアンダーカバー、タイヤディフレクター、ローダウンサスペンションなどで空気抵抗を低減。アイドリングストップ機構は、減速時にエンジンがストップする車速を7km/hから11km/hに変更。オルタネーターもより発電効率の高いものに変更した。

これらの改良の積み重ねにより、ミラ イースのJC08モード燃費はFF車で33.4km/リッターと、ガソリン車トップの地位を奪取。4WD車も30.4km/リッターと、軽の4WD車として初めて30km/リッターの大台を超えた。

 

 

低速域衝突回避支援ブレーキ機能のイメージ。
低速域衝突回避支援ブレーキ機能のイメージ。
スマートアシストの機構は基本的に「ムーヴ」と同じ。センサーにはフロントグリル内のレーザーレーダーを用いている。
スマートアシストの機構は基本的に「ムーヴ」と同じ。センサーにはフロントグリル内のレーザーレーダーを用いている。

「ダイハツ・ミラ イース」が燃費33.4kmを達成の画像

■先進の安全運転支援システムを装備

今回の改良では、安全装備も強化。急ブレーキ時にハザードランプを自動で点滅させるエマージェンシーストップシグナルを全車に標準装備としたほか、低速域衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、先行車発進お知らせ機能、および車両姿勢制御システムのVSC、TRCからなる安全運転支援システム「スマートアシスト」を新たに採用した。このシステムが装備されるのは「L“SA”」「X“SA”」「G“SA”」および4WD車の「Lf“SA”」「Xf“SA”」「Gf“SA”」の全6グレードとなる。

走りに関しては、最近のダイハツの軽乗用車のテーマである「ファン&リラックスドライブコンセプト」にのっとり、主に静粛性と乗り心地を改善。サスペンションの改良によるハンドリングの手応え感や乗り心地の向上、ステアリング支持部の剛性アップによる振動の低減、吸遮音材の性能向上、配置の見直しによるエンジン透過音の低減などが図られた。

新設定のボディーカラー「シャイニングレッド」
新設定のボディーカラー「シャイニングレッド」
「ミラ イースG“SA”」のインパネまわり。
「ミラ イースG“SA”」のインパネまわり。
「ミラ イースG“SA”」のシート。
「ミラ イースG“SA”」のシート。

■スマートアシスト装着車は94万円から

外観上の変更点は、新デザインのフロントバンパーやフロントグリル(上級グレードにはメッキグリルを採用)、クリアタイプのリアコンビランプの採用、「シェルローズ」に代わって設定された新ボディーカラーの「シャイニングレッド」などが挙げられる。インテリアでは、黒を基調としたオーディオパネルやシルバー加飾のエアコンパネル、グレーのシート表皮などを新たに採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。「D」で74万5000円と、エントリー価格を5万円値下げしている点、「L“SA”」で94万円と、100万円を切る車体価格でスマートアシストの提供を実現している点が特徴だ。

・D:74万5000円
・L:89万円
・L“SA”:94万円
・X:100万円
・X“SA”:105万円
・G“SA”:118万円
・Lf(4WD):99万円
・Lf“SA”(4WD):104万円
・Xf(4WD):110万円
・Xf“SA”(4WD):115万円
・Gf“SA”(4WD):128万円

(webCG 堀田)
 

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 「ダイハツ・ミラ イース」発表会の会場から 2017.5.9 画像・写真 「ダイハツ・ミラ イース」が2代目へと進化。従来型の特徴だった低燃費・低価格に加えて、新型では“+α”として先進安全装備「スマートアシストIII」の搭載や、内装の質感を向上させるなど、商品力を大幅に強化している。都内で行われた発表会の様子をリポートする。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る