スバル「BRZ」を一部改良

2013.08.19 自動車ニュース
「スバルBRZ」
「スバルBRZ」
    拡大

スバル「BRZ」を一部改良

富士重工業は2013年8月19日、2ドアクーペの「スバルBRZ」に一部改良を実施し、同年9月24日に発売すると発表した。

今回の改良では、上級グレードの「S」に、これまでメーカーオプションだったフロアアンダーカバーを標準装備した。

またモータースポーツなどでの使用を前提に装備を簡素化した「RA」には、新たにメーカーオプションの「パフォーマンスパッケージ」を設定。16インチフロントベンチレーテッドディスクブレーキやトルセンLSDなどを選択可能とした。

ラインナップと価格は以下の通り。

・RA:205万8000円
・RA Racing:286万8000円
・R(6MT):247万8000円
・R(6AT):254万6250円
・S(6MT):280万3500円
・S(6AT):288万2250円

(webCG)
 

関連キーワード:
BRZスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • トライアンフ・タイガー800XCA(MR/6MT)【レビュー】 2018.6.16 試乗記 ユニークな3気筒エンジンを搭載したトライアンフのアドベンチャーモデル「タイガー800」。そのなかでも、最もオフロード向けのキャラクターを持つのが最上級グレードの「XCA」だ。21インチスポークホイールに秘められた、ヤル気の片りんに触れた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る