スバルが「プレオ プラス」を改良、燃費を改善

2013.08.19 自動車ニュース
「スバル・プレオ プラス」
「スバル・プレオ プラス」

スバルが「プレオ プラス」を改良、燃費を改善

富士重工業は2013年8月19日、軽乗用車「プレオ プラス」に改良を実施し、販売を開始した。

プレオ プラスはスバルがダイハツ工業からOEM供給を受けている、「ミラ イース」の姉妹モデルである。

今回の改良は、同時に実施されたミラ イースのマイナーチェンジに準じたもので、エンジンの排気再循環システムやアイドリングストップ機構の改良、空気抵抗の低減などにより、燃費性能を向上。FF車で33.4km/リッター(JC08モード)という燃費を実現した。

安全装備も強化しており、急ブレーキ時にハザードランプが自動点滅するエマージェンシーストップシグナルをスバル車として初めて装備したほか、低速域衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)などをセットにした「スマートアシスト」を採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

・E:74万5000円
・F:89万円
・Fスマートアシスト:94万円
・L:100万円
・Lスマートアシスト:105万円
・Gスマートアシスト:118万円
・FA(4WD):99万円
・FAスマートアシスト(4WD):104万円
・LA(4WD):110万円
・LAスマートアシスト(4WD):115万円
・GAスマートアシスト(4WD):128万円

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(前編)】 2003.12.19 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    四角いハイトワゴン系「プレオ」転じて、ヒコーキメーカーの流れを強調したデザインを内外に採用した、ワンモーションフォルムの「R2」に。新しいスバルの軽自動車はどうなのか? 『webCG』コンテンツエディターのアオキがプレス試乗会に参加した。


  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


ホームへ戻る