第196回:雪も氷も楽しめる!? 新スタッドレス「トーヨーOBSERVE GSi-5」を試す

2013.08.15 エッセイ

トーヨータイヤから、新スタッドレスタイヤ「OBSERVE GSi-5」が登場。その見どころは? 実際の感触は? 北海道での体験試乗会から報告する。

20年越しのクルミが決め手

スタッドレスタイヤの技術開発は、間違いなく円熟期に入っている。
雪道用に金属のピンを打ち込んだ「スパイクタイヤ」がアスファルトの路面を痛めつけ、飛び散ったアスファルトや金属の微細な粉が健康被害を招くと話題になったのは、1970年代から80年代にかけてのこと。これに前後して、金属製ピン(stud)を用いないスタッドレス(studless)タイヤが海外メーカーなどから発売されると、国内でも1987年にはスパイクタイヤの粉じん問題が司法の取り扱うところとなり、スパイクタイヤの製造そのものが1990年限りで禁じられることとなった。

というわけで、少なくとも20年間の歴史を持つスタッドレスタイヤは、その開発の初期にこそさまざまな発見・発明があって、急速に技術は進歩していったものの、各社の努力により「歴史的大発見・大発明」はひととおり終わり、いまや開発済みの技術をより熟成、進化させている段階にあると言える。
こういったタイヤメーカーの努力は一見地味に映るけれど、彼らの日々の積み重ねが5年、10年と経過したときに大きな違いとなって表れるに違いない。そしてまた、どこかで大きな技術的ブレークスルーが生まれ、革新的な進化のときが訪れるのだろう。現在のスタッドレスタイヤは、間違いなくそういったフェイズに入っていると思う。

“クルミ”でおなじみ、トーヨータイヤのスタッドレスタイヤも熟成期に入っている。彼らが「クルミ入りスタッドレスタイヤ」のコンセプトを商品化したのは1991年のこと。以来、クルミ成分の種類や配合量をさまざまに変化させ、これと組み合わせるコンパウンド、構造、サイプ技術などを進化させてきた。
クルミのメリットは、まず「氷より硬く、アスファルトよりは軟らかいので粉じん公害を引き起こす心配がないこと」。そして、自然由来の素材のため、万一空中にその粉末が漂ったとしても、最終的には土に帰るという2点が挙げられる。この技術、発売の時点でトーヨータイヤがしっかりと特許で守ったこともあり、他社はまったく追随していない。つまり、クルミといえばトーヨー、トーヨーといえばクルミなのである。

「トーヨーのウインタータイヤそろい踏み」の図。写真右が今回の主役「OBSERVE GSi-5」で、中央が「GARIT G5」、そして左がミニバン用の「Winter TRANPATH MK4α」。

「トーヨーOBSERVE GSi-5」のカットモデル。写真手前に見えるサンプル容器に入っているのは、その氷上性能を支えるクルミの粉末である。
トーヨーのスタッドレスタイヤは、クルミや竹炭を含むのが特徴。自然由来の素材は、市場からも大いに支持されているという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ