第309回:「プジョー206」LOVE! 若社長、また買っちゃいました

2013.08.16 エッセイ

「206」の歴史

現在日本でプジョーといえば、2012年秋に発売された「208」がイチオシのようである。いっぽうイタリアでは……というのが今回のお話だ。

知人のシモーネは、親が興したエレベーター販売および保守点検会社を継いだ、いわば若社長である。兵役時代も「意外に楽しかったよ」と振り返る彼は、夏も万一の緊急出動に備えて休まない。タフな男だ。ついでにいうと現在、嫁さん募集中である。

先日の夕方、シエナ旧市街にある彼の事務所兼倉庫を、久しぶりに訪ねてみた。扉の直後に「プジョー207」と思われるクルマが止まっていたので、ボクはよく見ずに「おっ、ついに207を買ったのか?」とシモーネに声をかけた。すると「いや、これは『206プラス』だよ」と、すでに職人たちが帰った事務所にシモーネの声が響いた。

ここで「プジョー206」の歴史を振り返ってみよう。206は1998年に発売されたBセグメントの小型車である。2006年に後継車の207が登場した後も生産が続けられ、さらに2009年に、207風のフロントフェイスが与えられ「206プラス」と名前を変えた。
昨2012年3月のジュネーブショーで冒頭の208が発表されても、206プラスは生き延びた。そして2012年12月13日、ついにミュールーズ工場で最後の1台がラインオフして生産完了モデルとなったが、現在も引き続きイタリアなど一部の国ではカタログに載り続けている。

「プジョー206プラス」
「プジョー206プラス」
「206プラス」の商用車仕様と、若社長シモーネ。
「206プラス」の商用車仕様と、若社長シモーネ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る