第309回:「プジョー206」LOVE! 若社長、また買っちゃいました

2013.08.16 マッキナ あらモーダ!

「206」の歴史

現在日本でプジョーといえば、2012年秋に発売された「208」がイチオシのようである。いっぽうイタリアでは……というのが今回のお話だ。

知人のシモーネは、親が興したエレベーター販売および保守点検会社を継いだ、いわば若社長である。兵役時代も「意外に楽しかったよ」と振り返る彼は、夏も万一の緊急出動に備えて休まない。タフな男だ。ついでにいうと現在、嫁さん募集中である。

先日の夕方、シエナ旧市街にある彼の事務所兼倉庫を、久しぶりに訪ねてみた。扉の直後に「プジョー207」と思われるクルマが止まっていたので、ボクはよく見ずに「おっ、ついに207を買ったのか?」とシモーネに声をかけた。すると「いや、これは『206プラス』だよ」と、すでに職人たちが帰った事務所にシモーネの声が響いた。

ここで「プジョー206」の歴史を振り返ってみよう。206は1998年に発売されたBセグメントの小型車である。2006年に後継車の207が登場した後も生産が続けられ、さらに2009年に、207風のフロントフェイスが与えられ「206プラス」と名前を変えた。
昨2012年3月のジュネーブショーで冒頭の208が発表されても、206プラスは生き延びた。そして2012年12月13日、ついにミュールーズ工場で最後の1台がラインオフして生産完了モデルとなったが、現在も引き続きイタリアなど一部の国ではカタログに載り続けている。

「プジョー206プラス」
「プジョー206プラス」
「206プラス」の商用車仕様と、若社長シモーネ。
「206プラス」の商用車仕様と、若社長シモーネ。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る