第9回:危険なコージの新提案
今こそ燃費、ちょっと忘れてみませんか!?

2013.08.17 エッセイ

ニッポンの低燃費競争はもう行きすぎ?

先日の世界陸上、ほっとしましたねウサイン・ボルト。100m 9秒77であいかわらず世界最速! ……っていきなりハナシずれちゃいましたか(笑)。
というのも不肖小沢、最近、つくづく不思議なんですわ。燃費、なぜにみんなこれほど夢中になるんでしょう? それも陸上短距離みたいにコンマいくつのレベルまで。

既に報道されまくってるけど、ご存じ9月発売予定の「ホンダ・フィットハイブリッド」。JC08モードで現時点最高の36.4km/リッター! でも、今までトップの「トヨタ・アクア」の35.4km/リッターとどれくらい違うかってアータ、1km/リッターですよ、たった1km/リッター!

さらに激烈なのが軽の燃費競争で、驚異の80万円以下カー「ダイハツ・ミラ イース」がモード燃費で30.0km/リッターを達成したのが2011年の9月。直後にスズキは、30.2km/リッターの「アルト エコ」でやり返した。スズキはさらに、今年(2013年)2月のアルトエコの改良で33.0km/リッターを達成。と思ったら8月にはミラ イースが33.4km/リッターまで伸ばす始末。
他の車種を見ても、2012年9月に元祖トールワゴンの「スズキ・ワゴンR」が新技術エネチャージ他を採用して28.8km/リッターを達成! その年末にはガチンコライバルの「ダイハツ・ムーブ」がマイチェンで29.0km/リッター! 2013年6月には今までノーマークだった三菱&日産陣営が「三菱eKワゴン」「日産デイズ」で29.2km/リッター! さらに先の7月にはワゴンRが1年も経たずに改良されて30.0km/リッター! ……もう、こうして書いてるだけで目が回る。

ガソリンのコンパクトカーも同じようなもんよね。ホンダ・フィットのガソリン車が26.0km/リッターかと思ったら、「スズキ・スイフト」がデュアルジェットって技術で26.4km/リッター。ある意味、重箱の隅をつつくようなギリギリのレースが繰り広げられているのだ。

軽トールワゴンナンバーワンの低燃費を誇る「スズキ・ワゴンR」と、従来モデルから大幅に燃費を改善した「スズキ・スイフト」を前に、不肖小沢が大胆提案をかまします。
軽トールワゴンナンバーワンの低燃費を誇る「スズキ・ワゴンR」と、従来モデルから大幅に燃費を改善した「スズキ・スイフト」を前に、不肖小沢が大胆提案をかまします。
「スズキ・スイフト」は2013年7月に一部改良。新開発のデュアルジェットエンジン搭載車で、26.4km/リッターの燃費を実現した。
「スズキ・スイフト」は2013年7月に一部改良。新開発のデュアルジェットエンジン搭載車で、26.4km/リッターの燃費を実現した。
2011年9月に登場し、軽における燃費競争の契機となった「ダイハツ・ミラ イース」。モーターなどの「飛び道具」を使わずに30.0km/リッターのカタログ燃費を実現した。
2011年9月に登場し、軽における燃費競争の契機となった「ダイハツ・ミラ イース」。モーターなどの「飛び道具」を使わずに30.0km/リッターのカタログ燃費を実現した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』