スズキ・アルト エコS(FF/CVT)

お値段以上の価値がある 2013.08.21 試乗記 ハイブリッド車に匹敵する33.0km/リッターの燃費を実現した「スズキ・アルト エコ」。「ダイハツ・ミラ イース」と双璧をなすその実力を試した。

軽における燃費競争の火付け役

「24.5」→「30.2」→「33.0」
一体何の数字が変化しているのか、と不思議に思う向きもあるかもしれないが、これは2009年に登場した現行型「スズキ・アルト」と「アルト エコ」のカタログ燃費の変化である。最初の24.5km/リッターは、フルモデルチェンジ当時の10・15モード燃費の数値だ。そこから約2年、2011年11月に追加されたアルト エコは10・15モードで32.0km/リッター、JC08モードで30.2km/リッターと、その年の9月に「ダイハツ・ミラ イース」が実現した30.0km/リッターを意識して、わずか0.2km/リッターとはいえライバル超えを達成。この頃から軽自動車の燃費競争は新たなステージに入ったと言っても過言ではない。

そして、現在のアルト エコの燃費が33.0km/リッター。この数字は軽自動車のカテゴリーだけでなく、エコカーの代名詞でもある「トヨタ・プリウス」(それも実質燃費スペシャルの「L」)の32.6km/リッターをも超えている。ハイブリッド機構を使わずにこの数値を達成した点は評価に値する。

この、従来モデルから実に2.8km/リッター(約9%)の燃費向上を達成したバックボーンにあるのが、新型「ワゴンR」より採用された「スズキグリーン テクノロジー」である。独自のエネルギー回生機構である「エネチャージ」や、減速時にエンジンが停止する車速を引き上げて13km/h以下までとした「新アイドリングストップ機構」、またこれに連動し、エンジン停止中もエアコンからの冷風を一定時間維持する「エコクール」などがメインとなっているが、これらと同時に、車両各部の性能見直しなど細かい技術の積み重ねでこの低燃費を達成している。

発売から少し間があいてしまったが、今回は夏場というエアコンがほぼフル稼働する環境でどれだけの燃費を稼げるのか、また燃費スペシャル車にありがちなドライバビリティーの低下をどの程度抑えているのかなども含め、都内から高速道路を使い、その実力をチェックしてみた。

2013年2月の改良で燃費を1割近く改善した「スズキ・アルト エコ」。この角度では、横桟の入ったグリルとシルバーのドアハンドルなどが、従来モデルとの大きな識別点だ。


    2013年2月の改良で燃費を1割近く改善した「スズキ・アルト エコ」。この角度では、横桟の入ったグリルとシルバーのドアハンドルなどが、従来モデルとの大きな識別点だ。
一方リアビューでは、従来モデルとの差は間違い探しレベル。標準の「アルト」との違いは、専用デザインのホイールキャップやテールゲートのエンブレムなど。
一方リアビューでは、従来モデルとの差は間違い探しレベル。標準の「アルト」との違いは、専用デザインのホイールキャップやテールゲートのエンブレムなど。
パワーユニットは、今やスズキの軽乗用車用エンジンの主力を担う「R06A」。効率のよさと、低回転域でのトルクの太さが特徴とされている。
パワーユニットは、今やスズキの軽乗用車用エンジンの主力を担う「R06A」。効率のよさと、低回転域でのトルクの太さが特徴とされている。
シートには、ライトグレーを基調に水色のアクセントを取り入れた専用の表皮を採用。上級グレードの「エコS」では、リアシートヘッドレストが標準装備化された。
シートには、ライトグレーを基調に水色のアクセントを取り入れた専用の表皮を採用。上級グレードの「エコS」では、リアシートヘッドレストが標準装備化された。
関連記事 ホームへ戻る