ニスモが来季のSUPER GTを戦う新型車両を発表【SUPER GT 2013】

2013.08.16 自動車ニュース
「日産GT-R ニスモGT500」
「日産GT-R ニスモGT500」

ニスモが来季のSUPER GT選手権を戦う新型車両を発表【SUPER GT 2013】

日産自動車と、同社のモータースポーツ活動を担うニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は2013年8月16日、2014年シーズンのSUPER GT選手権に投入するGT500仕様のレーシングカー「日産GT-R ニスモGT500」を発表した。

SUPER GTのGT500クラスは、2014年からドイツツーリングカー選手権(DTM)とエンジン関連規則を除く基本的な車両規則が統一され、新しい車両規則に基づいて開発された車両によって競われることとなる。

今回ニスモが発表した「日産GT-R ニスモGT500」は、この2014年規則に合わせて新規に開発されたもの。7月末にシェイクダウンしたばかりの開発車両は、2013年8月17日から鈴鹿サーキットで開催される、SUPER GT第5戦「第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km」で披露される。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R日産モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
ホームへ戻る