第197回:レギュレーション変更でどうなる? “日本最高峰レース”SUPER GT選手権のこれから

2013.08.19 エッセイ

2013年8月16日、トヨタ、ホンダ、日産の3メーカーが、2014年のSUPER GT参戦マシンを同時に公開した。2013年シーズン半ばでのお披露目が意図するものは何か? SUPER GT選手権のいまと今後について報告する。

共通部品で三つどもえ

2014年から実戦に投入される、3台の新型GT500クラス車両が公開されたことで、SUPER GTは新時代に入ったといえる。

そもそも、トヨタ、ホンダ、日産の3メーカーが、新レギュレーションに対応したマシンを同時に発表するのは、全日本GT選手権に端を発するSUPER GTの20年間におよぶ歴史でも初めてのことである。
だが実は、3メーカーの新型車が“そろい踏み”するチャンスは2009年にもあった。というのも、量産車をベースにレーシングカーを開発していたそれまでの流れを断ち切り、「ベース車にかかわらず、統一の車両規則でレーシングカーを開発する」方針に大きく様変わりするのが2009年とされていたからだ。

ところが、各社の量産車販売計画の都合により、日産は2008年に、そしてホンダは2010年に新型車を投入したため、SUPER GT初となる試みは不発に終わったのだった。
2014年に予定される新型マシンへの切り替えについても、「レクサスLF-CC」ならびに「ホンダNSX」の量産型デビューは2014年以降になるものの、今回はいずれも「コンセプトカーによる参戦」という形態をとることで、この障害をクリア。史上初となる“3メーカー同時公開”を実現した。

では、来年の開幕戦まではまだ半年以上も待たなければならないこのタイミングで、ニューマシンのお披露目を行う目的はどこにあったのか?
シリーズをオーガナイズするGTAの坂東正明代表は、「DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)と車両規則が共通化することを、いち早くファンの皆さんにお知らせしたかった」と語る。

SUPER GTとDTMの車両規則を共通化することはかねてより議論されていたが、最終的には2014年から導入されることに決定。モノコックや駆動系など、主要パーツの多くに共通部品が採用されることとなった。つまり、「レクサスLF-CC」「ホンダNSX」「日産GT-R」はそれぞれ異なった見た目を有してはいるが、3台とも1社のパーツサプライヤーが制作した同一のモノコックが用いられているのである。
2009年レギュレーションが、文面としての共通化を図った一方で、パーツに関しては個々のメーカーが独自開発することを許していたのに対し、2014年レギュレーションでは、パーツまでワンメイク化したことに大きな違いがある。これにより開発費と製作費のコストが下がるのは間違いないだろう。

2013年のSUPER GT第5戦が開催されるタイミングで、鈴鹿サーキットにおいて公開された、GT500クラスの次期型マシン。
2013年のSUPER GT第5戦が開催されるタイミングで、鈴鹿サーキットにおいて公開された、GT500クラスの次期型マシン。
2014年のGT500クラスを戦うトヨタのマシン(写真)は、コンセプトモデル「レクサスLF-CC」に変更となる。
2014年のGT500クラスを戦うトヨタのマシン(写真)は、コンセプトモデル「レクサスLF-CC」に変更となる。
こちらは、日産の「GT-R ニスモGT500」。2013年までのマシンに比べ、より量産車に近いフォルムをまとう。
こちらは、日産の「GT-R ニスモGT500」。2013年までのマシンに比べ、より量産車に近いフォルムをまとう。
ホンダが投入する「NSX CONCEPT-GT」。GT500クラスのマシンで唯一、MRの駆動方式が採用される。 
ホンダが投入する「NSX CONCEPT-GT」。GT500クラスのマシンで唯一、MRの駆動方式が採用される。 

第197回:レギュレーション変更でどうなる? “日本最高峰レース”SUPER GT選手権のこれからの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ