「水野和敏的視点」 vol.11「V40 T4」vs「ゴルフTSIコンフォートライン」(前編)

2013.08.19 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.11「V40 T4」vs「ゴルフTSIコンフォートライン」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特別企画「水野和敏的視点」。今回のテーマはCセグメントハッチバック。その完成度の高さゆえに“ミスターGT-R”も絶賛した「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、スウェーデンからスタイリッシュな挑戦者が現れた。ゴルフは「定番」のタイトルを守れるか? ゴルフは再び登場の「コンフォートライン」、V40はベーシックグレードの「T4」。両車がっぷり四つの269万円である。


「水野和敏的視点」 vol.11「V40 T4」vs「ゴルフTSIコンフォートライン」(前編)の画像
【ボルボV40 T4】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
【ボルボV40 T4】
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
【フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
【フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン】
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円

■たかが、されどのエンジンマウント

今回は、250~300万円級の欧州ハッチバック対決です。一台は、このクラスのベンチマークとして、2度目の登場となる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。グレードは1.2リッターターボを積むTSIコンフォートライン、対するは、ボルボが満を持して投入した、プレミアムスポーツコンパクトをうたう「V40」。最もベーシックな「T4」で、エンジンは1.6リッターターボ。価格は、どちらも同じ269万円です。

まずは、ボルボV40から見ていきましょう。ステアリングを切るタイミングとエンジンの揺れ具合によってトルクステアが出ますね。ゴルフにもその傾向はありますが、V40はより顕著。頻繁にトルクステアが顔を出します。その原因は、ちょっと独特なエンジンマウントにあると思います。V40のエンジンマウントは、通常のクルマと異なり、前後方向に硬く、上下に柔らかい仕様を採っています。おそらく、一定速度で走ったときの、振動低減と乗り心地の良さを重視したのでしょう。上下に柔らかいゴムの方が、普通に走っている分には、振動の吸収性が高いし、エンジンノイズも伝えにくい。ドライブフィールのがさつな感じを消しやすい。いわゆる「オトシンがいい」というやつです。

ところが、この方式だと、エンジンが揺れやすいんですね。そのうえV40のトルクはゴルフより4割近く太い。アクセルのオン、オフがあると、エンジンの傾斜角が変わってしまう。すると、ドライブシャフトの折れ角が変化するので、トルクステアが発生する。同時に、エンジンマウントのブラケット部分が共振して、雑な音をたてる。実質的に初めてCセグメントの本格派ハッチをつくった自動車メーカーが陥った罠(わな)、と言ったら言い過ぎでしょうか。

一方、エンジンそのものはいいですね。トルクがあって、乗りやすい。特に高速道路での車線合流なんか、すごく楽でしょう。あの力強さは魅力です。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る