ジャガーFタイプ(FR/8AT)

なるほど、C、D、Eに続く、Fだ 2013.08.27 試乗記 ジャガーが半世紀ぶりに市場投入したピュアスポーツカー「Fタイプ」。過去の名車に思いをはせながら、その魅力を味わった。

“希代の名車”の魅力をしのげるか

「ジャガーFタイプ」に関しては、いろいろと謝らなければならないことがある。ずいぶんと失礼なことも考えていました。はい。

まずは発表会の場において。

会場となったホールのエントランスには、希代の名車「Eタイプ」のロードスターが飾られていた。スリークなその姿を見た途端、「今度のニューモデルに勝ち目はないな」といきなり決めつけた。ドロップヘッドのEタイプは、問答無用にスタイリッシュで、カッコいいから。

ジャガーEタイプがデビューしたのは、1961年のジュネーブショー。念のため復習すると、Eに先立つ2車種のうち、「ジャガーCタイプ」は、いわば「XK120」のレーシングバージョン。1951年と53年のルマン24時間レースで、優勝を果たした。ちなみに、CタイプのCはCompetitionのC。その前に、Aタイプ、Bタイプがあるわけではない。

続く「Dタイプ」は、モノコックボディーのレースカー。Cの次ということでDになった。1955、56、57年と、ルマン3連勝を飾っている。Dタイプの公道モデルが「XKSS」である。生産工場が火災に遭ったため16台しか作られなかった、幻のコレクターズカーだ。

Eタイプでは市販車が先行したが、先例に倣って、競技用車両も開発された。アルミボディー、アルミエンジンが与えられたライトウェイトEタイプがそれ。もっとも、モータースポーツの世界はすでにミドシップの時代に入っていたので、華々しい活躍はできなかった。

欧州の自動車メーカーが、大事な新型車をお披露目するにあたって、今回のように歴史的なモデルを展示するのはよくあることだ。「そんじょそこらのポッと出のメーカーとは違いますから」といいたいわけ。自動車というものが、移動手段として根源的な差異を打ち出しにくくなった昨今、かつての名車を引っ張り出すのは、最も効果的なブランド差別化の方法である。

弊害もある。自動車メーカーに勢いがないと、「過去の栄光にすがっている」と思われがちなこと。さらに、得てして古いモデルの方が、肝心の新型車より魅力的に見えるという問題もある。ことEタイプの場合、“希代の名車”としてのオーラがすごい! 会場に入る際に、ドロップヘッドのスポーツカーを目にして、だらしなく口元がゆるむ来場者を何人見たことか!!

ジャガーFタイプ(FR/8AT)【試乗記】の画像
テスト車にはオプションのプレミアムレザーインテリア(24万8000円)が装着されていた。
テスト車にはオプションのプレミアムレザーインテリア(24万8000円)が装着されていた。
写真のプレミアムレザーパフォーマンスシートはオプション(60万円)。標準ではレザーとスエードクロスのスポーツシートが装着される。
写真のプレミアムレザーパフォーマンスシートはオプション(60万円)。標準ではレザーとスエードクロスのスポーツシートが装着される。

ジャガーFタイプ(FR/8AT)【試乗記】の画像
関連記事 ホームへ戻る