「トヨタ・ピクシス エポック」の燃費が向上

2013.08.20 自動車ニュース
「トヨタ・ピクシス エポック」。写真は新グレードの「G“SA”」。
「トヨタ・ピクシス エポック」。写真は新グレードの「G“SA”」。

「トヨタ・ピクシス エポック」の燃費が向上

トヨタ自動車は、仕様・装備を変更した軽乗用車「ピクシス エポック」を、2013年8月19日に発売した。

 
「トヨタ・ピクシス エポック」の燃費が向上の画像
 
「トヨタ・ピクシス エポック」の燃費が向上の画像

トヨタの「ピクシス エポック」は、ダイハツから供給される「ミラ イース」のOEM車。今回の仕様変更も、同車のマイナーチェンジに伴うものである。

最大のトピックは、フロアアンダーカバーの追加(FF車)やフロントまわりの意匠変更、「クールドi-EGR」「CVTサーモコントローラー」の採用などによる燃費の向上。FF車で33.4km/リッター、4WD車で30.4km/リッター(いずれもJC08モード)を達成した。

サスペンションのリセッティングやフロントシートの形状変更、インテリアパネルの意匠変更のほか、静粛性向上のために吸遮音材が追加されたのも新しい。
さらに、急減速に対して後続車に注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」が全車に与えられ、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を搭載するグレード“SA”も新たに設定された。

価格は、「D」(FF/CVT)の74万5000円から「Gf“SA”」(4WD/CVT)の128万円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ピクシスエポックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る