「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】

2013.08.21 自動車ニュース
「フェラーリ458スペチアーレ」
「フェラーリ458スペチアーレ」

【フランクフルトショー2013】「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場

伊フェラーリは2013年8月20日、新型車「フェラーリ458スペチアーレ」の概要を発表した。

 
「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】の画像
 
「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】の画像
 
「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】の画像
 
「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】の画像
 
「フェラーリ458」にさらなる高性能版が登場【フランクフルトショー2013】の画像

458スペチアーレは、現在販売されている“V8フェラーリ”「458イタリア」をベースに、その走行性能をさらに高めたモデルだ。

458イタリアで570ps/9000rpmを発生する4.5リッターV8エンジンには手が加えられ、35ps増しの605ps/9000rpmを発生(最大トルクは55.1kgm/6000rpmで変わらず)。0-100km/hの加速タイムは、3.4秒から3.0秒へと短縮された。
なお、今回公表された車重(乾燥重量)は、日本における458イタリアの同値より90kg軽い1290kg。

限界域における車両のコントロールをよりしやすくする、「サイドスリップ・アングル・コントロール(SSC)」と呼ばれる新システムも見どころだ。これは、新たに開発されたアルゴリズムを使って車両の横滑りを解析しつつ、車両の状態と目標値となる横滑り量を比較しながらトルク管理を行うもので、左右両輪に対して常に理想的なトルク配分を行う。

また、フェラーリ・スタイリング・センターとピニンファリーナとのコラボレーションにより、エアロダイナミクスも一段と追求。フロントとリアに「可変エアロダイナミクス」を装備することで、ダウンフォースのバランスを最適化するとともにドラッグの低減も実現したという。

タイヤは458スペチアーレ用にフェラーリとミシュランが共同開発した「ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2」が組み合わされる。サーキットのラップタイムを短縮しただけでなく、ウエットコンディションでも最大限のグリップを発揮するとうたわれる。

フェラーリ458スペチアーレは今後、2013年9月のフランクフルトモーターショーで正式なデビューを迎える予定だ。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

458スペチアーレ  の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る