アウディ「Q3」の装備を強化

2013.08.21 自動車ニュース

「アウディQ3」(写真は欧州仕様)


    「アウディQ3」(写真は欧州仕様)

アウディ「Q3」の装備を強化

アウディ ジャパンは2013年8月20日、SUV「アウディQ3」の装備、仕様を一部変更し、販売を開始した。

 

今回の変更では、170ps仕様と211ps仕様の両方にアドバンストキーと、これまでオプション扱いだったハイグロスデザインパッケージ(アルミニウムサイドウィンドウモールディング、ハイグロスBピラー、ハイグロスCピラー、アルミニウムルーフレール、アルミニウムドアシルプレート、トランクシルプロテクション)を標準装備。またAPS(アウディパーキングシステム)リアビューカメラをオプション設定した。

また170ps仕様には、APSリアを追加装備したほか、これまで211ps仕様のみに標準装備していた「MMI 3G+ナビゲーションシステム」をオプション設定した。

価格は、170ps仕様が従来モデルから据え置きの409万円。211ps仕様が10万円アップの489万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る