ロータス・エキシージS(MR/6MT)

ずっと運転していたい 2013.08.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。

スーパーカー度増し増し

「エリーゼ」にV6。排気量3.5リッター。さらにスーチャー、どん。そう書くと、ものすごく無理やりっぽいクルマっぽい。乗ったらおっかなそうな感じがする。でもって新型「ロータス・エキシージS」、先代すなわち「エキシージ カップ260」比270kgアップで1180kgになった車重のうちわけは、車検証によると420kg+760kg。割り算すると、フロント軸重とリア軸重の比率はほぼ35.6対64.4。ドライバーより後ろにエンジンが載っているクルマのなかでもリアヘビー度が高いほうではないか。

でも実物は、そんなおっかなそうなクルマには見えない。というか、かなりカッコイイ。昔のルマン24時間に出ていたレーシングカー、あたりをグイグイ連想させるパワーがある。ムードがある。「プリンス/日産R380」が「日産R381」にグロウアップしたぐらいの迫力もある。これはちょっと、あるいはもっと、スーパーカー系。とにかく、腰から尻にかけてのボディーの張り出しというかマス感のゴリッパさがステキ。資料にいわく「グループCのレースカーからインスピレーションを得たスタイリング」。なるほど。

ホイールに巻いたベルト、みたいに見えないタイヤのサイドウオール(ハイトたっぷり)もステキ。装着銘柄は、ヨコハマ……ではなくピレリ。だからというか、トレッド面からサイドウオールにかけての部分がパキッとカドっぽくない。ふっくらしている。

ボディーサイズの拡大や、過給器付きV6エンジンの搭載などにより、従来モデルの「エキシージ カップ260」より重量が増してしまったが、それでも車重は1.2トン以下に収められている。
ボディーサイズの拡大や、過給器付きV6エンジンの搭載などにより、従来モデルの「エキシージ カップ260」より重量が増してしまったが、それでも車重は1.2トン以下に収められている。
ボディーカラーは全16色。ソリッド系のレッドやイエロー、メタリック調のグリーン、ホワイトなど、幅広い色が用意されている。
ボディーカラーは全16色。ソリッド系のレッドやイエロー、メタリック調のグリーン、ホワイトなど、幅広い色が用意されている。
フロントリップスポイラーやリアディフューザー、リアウイングなどのエアロパーツを標準で採用。最高速(274km/h)での走行時には、フロントに60kg、リアに90kgのダウンフォースがかかる。
フロントリップスポイラーやリアディフューザー、リアウイングなどのエアロパーツを標準で採用。最高速(274km/h)での走行時には、フロントに60kg、リアに90kgのダウンフォースがかかる。
関連記事
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • 軽量化を徹底した「ロータス・エキシージ スポーツ350」登場 2016.8.1 自動車ニュース エルシーアイが「ロータス・エキシージ スポーツ350/エキシージ スポーツ350ロードスター」を発売した。従来の「エキシージS」「エキシージSロードスター」の改良モデルであり、50kgを超える軽量化などにより、動力性能が高められている。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
ホームへ戻る