ロータス・エキシージS(MR/6MT)

ずっと運転していたい 2013.08.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。

スーパーカー度増し増し

「エリーゼ」にV6。排気量3.5リッター。さらにスーチャー、どん。そう書くと、ものすごく無理やりっぽいクルマっぽい。乗ったらおっかなそうな感じがする。でもって新型「ロータス・エキシージS」、先代すなわち「エキシージ カップ260」比270kgアップで1180kgになった車重のうちわけは、車検証によると420kg+760kg。割り算すると、フロント軸重とリア軸重の比率はほぼ35.6対64.4。ドライバーより後ろにエンジンが載っているクルマのなかでもリアヘビー度が高いほうではないか。

でも実物は、そんなおっかなそうなクルマには見えない。というか、かなりカッコイイ。昔のルマン24時間に出ていたレーシングカー、あたりをグイグイ連想させるパワーがある。ムードがある。「プリンス/日産R380」が「日産R381」にグロウアップしたぐらいの迫力もある。これはちょっと、あるいはもっと、スーパーカー系。とにかく、腰から尻にかけてのボディーの張り出しというかマス感のゴリッパさがステキ。資料にいわく「グループCのレースカーからインスピレーションを得たスタイリング」。なるほど。

ホイールに巻いたベルト、みたいに見えないタイヤのサイドウオール(ハイトたっぷり)もステキ。装着銘柄は、ヨコハマ……ではなくピレリ。だからというか、トレッド面からサイドウオールにかけての部分がパキッとカドっぽくない。ふっくらしている。

ボディーサイズの拡大や、過給器付きV6エンジンの搭載などにより、従来モデルの「エキシージ カップ260」より重量が増してしまったが、それでも車重は1.2トン以下に収められている。
ボディーサイズの拡大や、過給器付きV6エンジンの搭載などにより、従来モデルの「エキシージ カップ260」より重量が増してしまったが、それでも車重は1.2トン以下に収められている。
ボディーカラーは全16色。ソリッド系のレッドやイエロー、メタリック調のグリーン、ホワイトなど、幅広い色が用意されている。
ボディーカラーは全16色。ソリッド系のレッドやイエロー、メタリック調のグリーン、ホワイトなど、幅広い色が用意されている。
フロントリップスポイラーやリアディフューザー、リアウイングなどのエアロパーツを標準で採用。最高速(274km/h)での走行時には、フロントに60kg、リアに90kgのダウンフォースがかかる。
フロントリップスポイラーやリアディフューザー、リアウイングなどのエアロパーツを標準で採用。最高速(274km/h)での走行時には、フロントに60kg、リアに90kgのダウンフォースがかかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エキシージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 特集 スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
ホームへ戻る