「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

2013.08.22 自動車ニュース

「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。


    「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年8月22日、コンパクトカー「フォルクスワーゲンup!」の限定モデル「black up!」「white up!」を発売した。

「black up!」
「black up!」
「white up!」
「white up!」
「white up!」
「white up!」

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車の画像

「black up!」「white up!」は、「ザ・ビートル フェンダー エディション」などと同様に、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルである。

特徴は上級グレードの「high up!」をベースにモノトーンで仕立てられた内外装で、両車ともクロム加飾のフォグランプベゼルやドアミラー、サイドモールディングのほか、ボディーカラーに合わせてコーディネートされたホイールキャップなどを採用。テールゲートとリアの左右ドアには、ダークティンテッドガラスを用いている。

またインテリアでは、ダッシュパッドと呼ばれる前席正面のカラーパネルにボディーカラーと同じ色を採用。専用デザインのボーダー調ファブリックシートや革巻きの3本スポークステアリング、ドアシルプレートには「up!」のロゴをあしらっている。

ボディーカラーは「black up!」がディープブラックパールエフェクト、「white up!」が専用色のピュアホワイト。ボディー形状は「black up!」が4ドアのみ、「white up!」は2ドアと4ドアの両方が用意される。

価格は「white up!」の2ドアが189万円(限定200台)、同4ドアが199万円(限定600台)、「black up!」の4ドアが199万円(限定400台)。

(webCG)
 

関連キーワード:
up!フォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る