「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

2013.08.22 自動車ニュース

「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。


    「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。
    拡大

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年8月22日、コンパクトカー「フォルクスワーゲンup!」の限定モデル「black up!」「white up!」を発売した。

「black up!」
「black up!」
    拡大
「white up!」
「white up!」
    拡大
「white up!」
「white up!」
    拡大

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車の画像 拡大

「black up!」「white up!」は、「ザ・ビートル フェンダー エディション」などと同様に、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルである。

特徴は上級グレードの「high up!」をベースにモノトーンで仕立てられた内外装で、両車ともクロム加飾のフォグランプベゼルやドアミラー、サイドモールディングのほか、ボディーカラーに合わせてコーディネートされたホイールキャップなどを採用。テールゲートとリアの左右ドアには、ダークティンテッドガラスを用いている。

またインテリアでは、ダッシュパッドと呼ばれる前席正面のカラーパネルにボディーカラーと同じ色を採用。専用デザインのボーダー調ファブリックシートや革巻きの3本スポークステアリング、ドアシルプレートには「up!」のロゴをあしらっている。

ボディーカラーは「black up!」がディープブラックパールエフェクト、「white up!」が専用色のピュアホワイト。ボディー形状は「black up!」が4ドアのみ、「white up!」は2ドアと4ドアの両方が用意される。

価格は「white up!」の2ドアが189万円(限定200台)、同4ドアが199万円(限定600台)、「black up!」の4ドアが199万円(限定400台)。

(webCG)
 

関連キーワード:
up!フォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)/up! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.7.6 試乗記 日本において13年ぶりに出そろったフォルクスワーゲンGTI 3兄弟の中から、デビューしたての最新モデル「up! GTI」と「ポロGTI」に試乗。他のホットハッチとは一味違う、抑えのきいたGTIならではの妙味に触れた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
ホームへ戻る