「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

2013.08.22 自動車ニュース

「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。


    「フォルクスワーゲンwhite up!」(手前)と「black up!」(奥)。

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年8月22日、コンパクトカー「フォルクスワーゲンup!」の限定モデル「black up!」「white up!」を発売した。

「black up!」
「black up!」
「white up!」
「white up!」
「white up!」
「white up!」

「フォルクスワーゲンup!」に白黒2色の限定車の画像

「black up!」「white up!」は、「ザ・ビートル フェンダー エディション」などと同様に、フォルクスワーゲンの国内正規輸入60周年を記念した限定モデルである。

特徴は上級グレードの「high up!」をベースにモノトーンで仕立てられた内外装で、両車ともクロム加飾のフォグランプベゼルやドアミラー、サイドモールディングのほか、ボディーカラーに合わせてコーディネートされたホイールキャップなどを採用。テールゲートとリアの左右ドアには、ダークティンテッドガラスを用いている。

またインテリアでは、ダッシュパッドと呼ばれる前席正面のカラーパネルにボディーカラーと同じ色を採用。専用デザインのボーダー調ファブリックシートや革巻きの3本スポークステアリング、ドアシルプレートには「up!」のロゴをあしらっている。

ボディーカラーは「black up!」がディープブラックパールエフェクト、「white up!」が専用色のピュアホワイト。ボディー形状は「black up!」が4ドアのみ、「white up!」は2ドアと4ドアの両方が用意される。

価格は「white up!」の2ドアが189万円(限定200台)、同4ドアが199万円(限定600台)、「black up!」の4ドアが199万円(限定400台)。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲンup!/up! beats 2016.2.24 画像・写真 独フォルクスワーゲンはジュネーブショー2016で、コンパクトカー「up!」のマイナーチェンジモデル や、米BeatsAudio(ビーツオーディオ)の300Wサウンドシステムを搭載した「up! beats」を発表する。その画像を紹介する。
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2012.10.14 試乗記 フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)
    ……190万5600円

    新型コンパクトカー「フォルクスワーゲンup!(アップ!)」に徳大寺有恒が試乗。何かと話題のニューモデルを、巨匠はどう評価する?
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
ホームへ戻る