豪華な「フォード・エクスプローラー」再登場

2013.08.22 自動車ニュース
「フォード・エクスプローラー リミテッド エコブースト」
「フォード・エクスプローラー リミテッド エコブースト」

豪華な「フォード・エクスプローラー」が再登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年8月22日、SUV「フォード・エクスプローラー」の仕様を一部変更。同時に、特別仕様車「リミテッド エコブースト」を200台限定で導入し、同年11月に発売すると発表した。

「BLIS」とは車両の左右斜め後ろを監視し、車線変更時などの接触事故を予防する警告システムのこと。
「BLIS」とは車両の左右斜め後ろを監視し、車線変更時などの接触事故を予防する警告システムのこと。
「CTA」とは車両の後方を監視し、駐車場からバックで出る際の安全性を確保する機能。
「CTA」とは車両の後方を監視し、駐車場からバックで出る際の安全性を確保する機能。
「フォード・エクスプローラー リミテッド エコブースト」
「フォード・エクスプローラー リミテッド エコブースト」

豪華な「フォード・エクスプローラー」再登場の画像

豪華な「フォード・エクスプローラー」再登場の画像

今回の変更では、2リッターターボエンジンを搭載したFFモデル「XLTエコブースト」の安全装備を強化。上級グレードにも採用される「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」と「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」を標準装備した。またボディーカラーのラインナップも見直し、従来設定のあったジンジャーエールとグリーンジェムに替えて、新たにダークサイドとサンセットを採用した。

同時に導入が発表されたリミテッド エコブーストは、2013年2月に100台限定で発売されたモデルであり、今回あらためて200台を再導入することとなった。

リミテッド エコブーストの具体的な仕様、装備は以下の通り。

■エクステリア
・デュアルパネルサンルーフ(フロント電動開閉式)
・ボディーカラードフロントグリル
・ボディーカラードドアミラー
・パワーリフトゲート

■インテリア
・ブラックインテリアカラー(本革シート)
・12スピーカー390Wプレミアムオーディオ
・運転席&助手席10Wayパワーシート
・運転席&助手席シートクーラー
・3列目パワーフォールディング
・運転席シートメモリー
・ステアリングヒーター
・電動アジャスタブルペダル
・ウッド調トリムアクセント
・アンビエントライティングなど

限定モデルを含む、エクスプローラーのラインナップと価格は以下の通り。

・XLTエコブースト:448万円
・XLT:443万円
・リミテッド:535万円
・リミテッド エコブースト(特別仕様車):490万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
ホームへ戻る