赤い内装の「レクサスIS C“Fスポーツ”」登場

2013.08.22 自動車ニュース
「レクサスIS250C“バージョンL”」
「レクサスIS250C“バージョンL”」

レクサス「IS250C」「IS350C」を一部改良

トヨタ自動車は2013年8月22日、「レクサスIS」のコンバーチブルモデル「IS250C」「IS350C」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「IS350C“Fスポーツ”」
「IS350C“Fスポーツ”」

今回の改良では、カーナビと連動し、高速道路上などに設置されたITS(高度道路交通システム)スポットと双方向通信を行う、ITSスポット対応DSRC(狭域通信)ユニットを全車に標準装備。前方の障害物や合流支援などの情報を、画像や音声で受けることが可能となった。

また、“Fスポーツ”のインテリアカラーに専用色のダークローズを新設定。オーナメントパネルの色に新たにミディアムシルバーを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・IS250C:497万円
・IS250C“バージョンL”:537万円
・IS250C“Fスポーツ”:562万円
・IS350C:622万円
・IS350C“Fスポーツ”:647万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

IS Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る