BMW i8 プロトタイプ(4WD/6AT)

唯一無二のスポーツカー 2013.08.26 試乗記 誕生の時が迫る、プラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」。未来を担う新ブランド「i」のフラッグシップは、どんなクルマなのか? どんな走りを見せるのか? プロトタイプ試乗会からのリポート。

乗る前から個性的

南仏はプロヴァンス地方。マルセイユ空港からほど近いミラマという街の外れに、BMWグループの広大なプルービンググラウンドがある。そこで、われわれ日本からの取材陣を待ち受けていたのは、合計4台の生産型「i8」(プロトタイプ)だった。

いずれもまるで唐草模様のように見えるカムフラージュフィルムでその全身を覆われていたけれども、コンセプトカーで知った、あの特徴的なフォルムだけは、隠し遂(おお)せない。近寄って見た全体の印象は、「いかにもBMWのクーペらしいフォルム」である。「6シリーズ」をぐっとスリムにした感じだ。コンセプトカーの時よりも、居住性を考えたのだろう、背が高く、全体的に大きく見える。実際に車幅はかなり広がっていて、参考資料のスリーサイズを確認してみれば、なるほど、「メルセデス・ベンツSLS AMG」並みの大きさだ。ミドシップスポーツカー同士で比較してみれば、「フェラーリ458イタリア」を少し延ばして高くした、というサイズ感である。

低く抑えられたノーズの先端には、平べったくつぶされたキドニーグリルが収まっている。その下方は指一本分ほど開けられていた。送風口になっているようだ。さらにその下、バンパースポイラーのグリルもふさがれている。こちらは自動調節式のフラップで、必要に応じて開閉され、前輪用のブレーキを冷やす。

ドアは、ちょうど昆虫の羽のように開くスイングアップタイプである。“跳ね上がるドア”が生産型でも守られて、スーパーカーファンとしてはひとまず、ホッ。外側のパネルはアルミニウム製で内側がCFRP製(炭素繊維強化プラスチック)となっており、とても軽い。ダンパーの力を頼りにする既存のスーパーカーのそれよりも、数段、軽い開閉フィールである。

リアビュー。しま模様のボディーカラーは擬装用。テスト車がプロトタイプであることによるものだ。
個性的なエクステリアの「i8」。特にCピラーの周りには、他車にない意匠が確認できる。
ドアは2枚。跳ね上げ式が採用される。
組み付け前のドアパネル。室内側(写真手前)に見られる、CFRP材が軽さの秘密。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。