スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)

スバルファンもこれなら納得 2013.08.29 試乗記 スバル独自のハイブリッドシステムを搭載した「XVハイブリッド」。「燃費がイイ」だけでは決して満足しないファンの期待に、スバル初のHVはどう応えたのか?

薄味でも効果はてきめん

2013年6月末の発売から2週間で販売5000台を突破するほど注目を集めた「スバルXVハイブリッド」。慣れ親しんだスバルらしさとエコカーの要素を巧みに融合させたのが成功のポイントらしい。購入者の比率は40歳台、50歳台、60歳以上がそれぞれ23~29%、全体の90%以上が衝突防止/被害軽減機構「EyeSight」を装着。落ち着いた良心的なユーザー像が見える。

乗った印象を簡単に言えば、あまりHVらしさは感じられない。すでに広く報道されているから詳細なメカニズム解説は省略するが、ガソリン仕様の「XV」と基本的に同じ水平対向4気筒2リッターエンジン(最高出力150ps/6000rpm、最大トルク20.0kgm/4200rpm)とコンビを組むCVT(リニアトロニック)のプライマリープーリーに、小出力のモーター(13.6psと6.6kgm)を取り付けた“だけ”。意地悪く言えば「電動アシスト付きガソリン車」。EV走行が可能とはいえ、それを積極的に選ぶスイッチはなく、ニッケル水素バッテリーの電力量も5.5kWhにすぎないから、ごく限られた条件下で短時間、短距離(最高40km/hで1.6kmまで)しか使えない。だから普通に運転する範囲では、ほかのHVで感じるような“電力感”というか、モーターの存在を強く伝える要素は薄い。それでもスッと加速する時、ガソリンXVよりアクセルの踏み込み量が少なくてすむことから、「なんとなくトルクあるな」と思わせることはある。

注目の燃費は、カタログ(JC08モード、レギュラーガソリン)では20.0km/リッターで、ガソリン仕様より30%ほど延びている。路上の実用燃費を見ると、そこそこ混んだ首都高速で12~13km/リッター、すいていれば15km/リッター、郊外の一般道が流れていれば12km/リッター、渋滞を避けて裏道をたどると10km/リッター以下、高速道路の追い越し車線ペースで15~18km/リッター、近県の観光地のブラブラ見物で8~10km/リッターというところだった。ガソリンXVによる同様の走行パターンより、平均して35~40%は良い。ドライバーの心がけだけでこんな改善は無理だから、たしかにHV化の効果は大きい。

インパネまわりでは、ブルー照明の専用メーターやブルーのイグニッションスイッチ、随所にあしらわれたピアノブラックとシルバーの加飾がハイブリッドモデルの特徴。
テスト車の「ハイブリッド 2.0iーL EyeSight」は、シートやドアトリムの一部にシルバーアルカンターラを採用。内装色はベーシックな「ハイブリッド 2.0i」のみがブラック、その他のグレードはシルバーとブラックのツートンとなる。
パワーユニットは2リッターの水平対向4気筒エンジンと10kWのモーターの組み合わせ。プライマリープーリーの後方にモーターを搭載するレイアウトは、パワートレインの全長を延ばさないための工夫だ。
EVモードでの走行中には、メーターパネル内のインジケーターが点灯。バッテリー容量の小ささもあってか、電気のみで長時間走ることはできない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る