「水野和敏的視点」 vol.12「V40 T4」vs「ゴルフTSIコンフォートライン」(後編)

2013.08.23 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.12「V40 T4」vs「ゴルフTSIコンフォートライン」(後編)

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特別企画「水野和敏的視点」。ボルボの意欲作「V40」からの挑戦を受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」は、Cセグメントハッチバックの定番のタイトルを守れるか。


「水野和敏的視点」 vol.12「V40 T4」vs「ゴルフTSIコンフォートライン」(後編)の画像
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
ボルボV40 T4
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
ボルボV40 T4
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円

■さり気なく高度なデザイン

250~300万円級の欧州ハッチバック対決。先週の「ボルボV40」に続き、今週はこのクラスのベンチマークである「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を見ていきましょう。グレードは1.2リッターターボを積む「TSIコンフォートライン」。この連載では2回目の登場です。

まずは、エクステリアデザイン。あらためて思うのは、デザインに無駄な遊びがないということですね。一目でゴルフとわかる。それでいて、これだけのスタイルに仕上がっている。空力面もよく考えられています。ゴルフを見ると、日本車のデザインは、まだまだ甘いと感じてしまいます。

運転席に座ってみると……、ちょっとシートの座面が長すぎますね。クッションが硬めで、しかも先端が角張った形状なので、小柄な女性ドライバーだと、長時間ドライブしているとうっ血してしまうんじゃないでしょうか。

インパネまわりは、よくまとめられています。黒基調で、シルバーのパネルもヘアライン処理が施されており、むやみに光らせない。ドイツ車らしい、どちらかと言えば地味な内装ですが、全体のコーディネートがいい。

ピアノブラックの使い方も上手ですね。この手のパネル、以前は樹脂に塗装していたんですが、最近は携帯電話用素材からの技術が生かされ、製造時に、色素が素材に練り込まれるようになりました。そのため、長い間使っても、塗装がはがれたり、つやがなくなったりしないんです。
ですから、ステアリングホイールのスポーク部分にこのパネルが使われても、スイッチやダイヤルを気兼ねなく操作できます。指で頻繁に触っても、大丈夫。素材の長所を、よくわきまえていますね。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る