VWが300psの新型「ゴルフR」を発表【フランクフルトショー2013】

2013.08.23 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフR」
「フォルクスワーゲン・ゴルフR」
    拡大

【フランクフルトショー2013】フォルクスワーゲンが300psの新型「ゴルフR」を発表

独フォルクスワーゲンは2013年8月21日、「ゴルフ」の最高性能モデルである新型「ゴルフR」を、同年のフランクフルトショー(開催期間:2013年9月12日~22日)で公開すると発表した。

新型ゴルフRはEA888型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、最高出力は300ps(221kW)/5500-6200rpm、最大トルクは38.7kgm(380Nm)/1800-5500rpmを発生。従来モデルより30ps、3.1kgmのアウトプット向上を果たしている。

これに組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチ式6段ATのDSGと、6段MTの2種類。駆動システムは第5世代ハルデックスカップリングを採用したフルタイム4WD「4モーション」となっている。

一方足まわりには、車高を20mmローダウンした専用設計のスポーツサスペンションや、プログレッシブステアリングと呼ばれる可変レシオステアリングシステムなどを採用。オプションで電子制御サスペンションのDCC(ダイナミックシャシーコントロール)も用意している。

これらの技術により、ゴルフRは0-100km/h加速がMT仕様で5.1秒、DSG仕様で4.9秒、最高速が250km/h(リミッター作動)という動力性能を実現。一方、燃費はDSG仕様で6.9リッター/100km(約14.5km/リッター)と、従来モデルから18%の改善を遂げている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンフランクフルトモーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • レクサスの国内累計販売50万台を記念した、特別な「LC」発売 2018.4.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC」に特別仕様車“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”を設定し、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
ホームへ戻る