VWが300psの新型「ゴルフR」を発表【フランクフルトショー2013】

2013.08.23 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフR」
「フォルクスワーゲン・ゴルフR」
    拡大

【フランクフルトショー2013】フォルクスワーゲンが300psの新型「ゴルフR」を発表

独フォルクスワーゲンは2013年8月21日、「ゴルフ」の最高性能モデルである新型「ゴルフR」を、同年のフランクフルトショー(開催期間:2013年9月12日~22日)で公開すると発表した。

新型ゴルフRはEA888型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、最高出力は300ps(221kW)/5500-6200rpm、最大トルクは38.7kgm(380Nm)/1800-5500rpmを発生。従来モデルより30ps、3.1kgmのアウトプット向上を果たしている。

これに組み合わされるトランスミッションはデュアルクラッチ式6段ATのDSGと、6段MTの2種類。駆動システムは第5世代ハルデックスカップリングを採用したフルタイム4WD「4モーション」となっている。

一方足まわりには、車高を20mmローダウンした専用設計のスポーツサスペンションや、プログレッシブステアリングと呼ばれる可変レシオステアリングシステムなどを採用。オプションで電子制御サスペンションのDCC(ダイナミックシャシーコントロール)も用意している。

これらの技術により、ゴルフRは0-100km/h加速がMT仕様で5.1秒、DSG仕様で4.9秒、最高速が250km/h(リミッター作動)という動力性能を実現。一方、燃費はDSG仕様で6.9リッター/100km(約14.5km/リッター)と、従来モデルから18%の改善を遂げている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲンフランクフルトモーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
ホームへ戻る