デザインを一新した「ルノー・カングー」発表

2013.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」

デザインを一新した「ルノー・カングー」発表

ルノー・ジャポンは2013年8月26日、フロントデザインを変更した新型「カングー」を、同年8月29日から販売すると発表した。

「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」と大極 司ルノー・ジャポン社長
「ルノー・カングー ゼン」と大極 司ルノー・ジャポン社長

新型カングーは、2009年に常務(SVP)デザイン担当となったローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏による、ルノーの新デザイン戦略に基づいたフロントデザインを採用。新型「ルーテシア」と同様のブラックグリルバーや、大きくなったルノーロゴに、新デザインとなるアーモンド型のヘッドランプが組み合わされる。

モデルラインナップは、ボディー同色バンパー、3トーンファブリックシート、オートランプ、オートワイパー、オートエアコンなどを装備する「ZEN(ゼン)」と、ブラックバンパー、ブラックドアハンドル、ダークカーボンファブリックシートなどを装備するエントリーモデル「ACTIF(アクティフ)」の2グレード。従来型では上級グレードのみに装備されていたESC(横滑り防止装置)が、全車に標準装備となった。

ボディーカラーは、ゼンには新色3色を含む9色が、アクティフには新色2色を含む5色が用意される。

搭載されるエンジンは従来型と同様の1.6リッター直4(105ps、15.1kgm)。トランスミッションは、4段ATのみとなる。MTモデルは今後導入予定だが、その時期は未定とのこと。

価格はゼンが234万8000円、アクティフが214万8000円。

(工藤考浩)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る