デザインを一新した「ルノー・カングー」発表

2013.08.26 自動車ニュース
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」 拡大

デザインを一新した「ルノー・カングー」発表

ルノー・ジャポンは2013年8月26日、フロントデザインを変更した新型「カングー」を、同年8月29日から販売すると発表した。

「ルノー・カングー アクティフ」
「ルノー・カングー アクティフ」 拡大
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」 拡大
「ルノー・カングー ゼン」
「ルノー・カングー ゼン」 拡大
「ルノー・カングー ゼン」と大極 司ルノー・ジャポン社長
「ルノー・カングー ゼン」と大極 司ルノー・ジャポン社長 拡大

新型カングーは、2009年に常務(SVP)デザイン担当となったローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏による、ルノーの新デザイン戦略に基づいたフロントデザインを採用。新型「ルーテシア」と同様のブラックグリルバーや、大きくなったルノーロゴに、新デザインとなるアーモンド型のヘッドランプが組み合わされる。

モデルラインナップは、ボディー同色バンパー、3トーンファブリックシート、オートランプ、オートワイパー、オートエアコンなどを装備する「ZEN(ゼン)」と、ブラックバンパー、ブラックドアハンドル、ダークカーボンファブリックシートなどを装備するエントリーモデル「ACTIF(アクティフ)」の2グレード。従来型では上級グレードのみに装備されていたESC(横滑り防止装置)が、全車に標準装備となった。

ボディーカラーは、ゼンには新色3色を含む9色が、アクティフには新色2色を含む5色が用意される。

搭載されるエンジンは従来型と同様の1.6リッター直4(105ps、15.1kgm)。トランスミッションは、4段ATのみとなる。MTモデルは今後導入予定だが、その時期は未定とのこと。

価格はゼンが234万8000円、アクティフが214万8000円。

(工藤考浩)

関連キーワード:
カングールノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る