クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジープ・グランドチェロキー リミテッド(4WD/8AT)

“頼もしさ”が宝 2013.08.28 試乗記 デビュー以来初のテコ入れが実施された、4代目「グランドチェロキー」。どこがどう変わったのか? クルマとしての仕上がりは? アメリカ・カリフォルニア州でチェックした。

メイクアップはいい感じ

GRAND(=雄大、壮麗)の名を持つ「グランドチェロキー」は、ジープブランドのフラッグシップモデルだ。
エライのは、ブランド内の席次だけではない。1992年に初代がデビューしてからの累計販売台数は、グローバルで500万台にのぼる。日本全国どこでも見かけるハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」が、世界累計300万台(1997年12月~2013年6月)。コンパクトカーの「ホンダ・フィット」は487万台(2001年6月~2013年5月)。意外! と言ったら失礼だけれど、セールスもエライSUVなのである。

1999年に2代目が、2004年には3代目が登場。御家の事情でメルセデス・ベンツの血が入った4代目グラチェロは、日本国内では2011年3月から販売されている。各モデルスパンの中間で“お色直し”するのは他社のクルマと同様で、現行モデルも、2013年1月のデトロイトショーで後期型がお披露目された。今回試乗したのは、それである。

“見るからにアメ車”だった総メッキのグリルは、後期型ではボディー同色に変更された。468psの最強モデル「SRT8」に倣って、エアインテークの縁にだけクロムが光る。バンパーも新形状。上級グレードの新しいバイキセノンヘッドランプは同じクライスラーグループのセダン「300」に似ていて、フォーマルな雰囲気もただよう。
さほど大げさな化粧直しではない。でも、ずいぶん垢(あか)抜けたな、と思う。それでライバル=欧州の高級SUVをけん制しようというのだろう。

車内のリフォームも今風だ。センターコンソールのディスプレイは、正方形に近い、8.4インチの大画面に。従来のオーソドックスな2眼式メーターは、アナログ計をアニメで表示する液晶タイプとなった。初物ではないが、ジャガーやトヨタの高級サルーンにも見られる、新しい手法である。

フロント各部の意匠が変更された4代目「グランドチェロキー」。写真に見られるバイキセノンヘッドランプ(テスト車「リミテッド」ではオプション)は、「クライスラー300」に似た形状に。
フロント各部の意匠が変更された4代目「グランドチェロキー」。写真に見られるバイキセノンヘッドランプ(テスト車「リミテッド」ではオプション)は、「クライスラー300」に似た形状に。 拡大
こちらはハロゲンヘッドランプ。輪郭はこれまでと変わらないが、インナーレンズの形状は新しくなっている。
こちらはハロゲンヘッドランプ。輪郭はこれまでと変わらないが、インナーレンズの形状は新しくなっている。 拡大
インテリアの様子。写真は最上級グレード「サミット」のもので、シートやダッシュボードが全て本革張りになる。
インテリアの様子。写真は最上級グレード「サミット」のもので、シートやダッシュボードが全て本革張りになる。 拡大
マイナーチェンジを機に採用された、液晶表示タイプの計器盤。中央をスピードメーターが占める。
マイナーチェンジを機に採用された、液晶表示タイプの計器盤。中央をスピードメーターが占める。 拡大

関心高まる2つのV6

テスト車は、3.6リッターのV6ガソリンエンジンを搭載する「リミテッド」。従来の“ひねるタイプ”から変わった始動ボタンを押して、スタートする。
新たにシーケンシャル式が採用されたシフトレバーは、デザインも新しい。というより、全グレードのトランスミッションがクライスラー300と同じ8段ATになったことこそ、後期型グラチェロの大きなトピックである。

従来モデルの5段からは、一気に3段跳びになる。一番のねらいは、もちろん燃費の改善だ。一般道での短い試乗とあって、肝心の高速クルーズ時の様子や燃費について報告できないのが残念だが、変速の感触そのものはスムーズ。Dレンジのまま、タホ湖畔エメラルド・ベイ・ロードのアップダウンを軽やかに駆け抜ける。
ステアリングホイールの裏側にシフトパドルが追加されたのは大きい。すっかり見慣れた装備だけれど、これまでソコはオーディオのスイッチで、Dレンジのシフトレバーを左右に振って(左がダウン/右がアップ)のマニュアル操作も、「できるけれど、やらないだろ?」と言わんばかりだった。平均的なフルサイズSUVオーナー(平均年齢49歳)に比べて5歳は若いとされるグラチェロの購入層には、望ましい変化に違いない。

そのパドルを使って走らせていると、V6エンジンの気持ちよさにも気が付く。「フォロロロ!」といななく、音がいい。車重は2トンを超えるものの、シエラネバダの山岳路で無理をしている感じはしない。これならV8、要らないんじゃないか。
でも、今回のマイチェンの目玉である、3リッターV6「エコディーゼル」車に乗れなかったのはガッカリだ。FFで最高12.8km/リッター、4WDで最高11.9km/リッターと、ファミリーで一番燃費のいいグラチェロは、5.7リッターV8モデル(360hp、53.0kgm)をも上回る、58.0kgmの大トルクを発生する。
まぁディーゼルの「マツダCX-5」や「BMW X3」がモテる日本のSUV市場が、これでさらににぎやかになれば……と思ったら、なんと「導入の予定もなし」。さらにガッカリ。排ガス規制に加えて、わが国の市場規模もネックらしいが、いつかはカタログに加わってほしいものである。

発着場に並んだ「グランドチェロキー」(左端)。奥に見える大柄な4ドア版のジープ、「ラングラー アンリミテッド」よりもさらに長く、幅広い。
発着場に並んだ「グランドチェロキー」(左端)。奥に見える大柄な4ドア版のジープ、「ラングラー アンリミテッド」よりもさらに長く、幅広い。 拡大
新デザインのシフトレバーは、航空機のスラストレバーを思わせる。「クライスラー300」と同じ形状だ。
新デザインのシフトレバーは、航空機のスラストレバーを思わせる。「クライスラー300」と同じ形状だ。 拡大
全グレードに新規追加されたシフトパドル。ステアリングホイール右側(写真)がアップで、左側がダウンになる。
全グレードに新規追加されたシフトパドル。ステアリングホイール右側(写真)がアップで、左側がダウンになる。 拡大
リアのランプはLED式。ランプ間にあったメッキのガーニッシュは廃された。
リアのランプはLED式。ランプ間にあったメッキのガーニッシュは廃された。 拡大
「リミテッド」に搭載される3.6リッターV6「ペンタスター」ユニット。
「リミテッド」に搭載される3.6リッターV6「ペンタスター」ユニット。 拡大

ゆとりにうっとり

グラチェロのリミテッドは、5段階あるうちの“ど真ん中”にあたる。年間販売台数1500台といわれる日本市場でも中心的なグレードで、昨年モデルの国内価格は523万円である。
総革張りの上位グレードと違って、ダッシュボードやパネル類は樹脂製。でも、薄っぺらい感じはまるでない。快適装備の類いはまさに満載だし、コールセンターの呼び出しボタンまで付いている。ユーザーの平均世帯年収が12万5000ドル(=約1200万円)と聞いて納得できる、“いいもの感”はある。

何よりも印象的なのは、なめらかな乗り心地だ。目の前に伸びるウエスト・レイク・ブルーバードの路面は、見るからにザラザラ。ハイシーズンの観光道路なのに工事箇所も多い。でも、「あれっ?」と思うほど“雑味”が伝わらない。エアサス車であれば何でも快適とは限らないが、これは前期型から継承される「クォドラリフトエアサスペンション」のたまものだろう。
後席に回ってみると、小柄な筆者(163cm)なら足が組める広さ。それもそのはずで、4代続けて大きくなったグラチェロは、幅がほとんど2m。ホイールベースは2.9m以上ある。日本の都会を想像すると無視できないデカさだが……ボンネットの見切りはいいし、カメラやセンサーがあるのは“救い”。だったら車内のゆとりを選んでいいかと、つい気持ちが緩んでしまう。

走行モードの選択ダイヤルで「スポーツモード」を選んで、先を急ぐ。車高は自動で15mm下がるらしいが、運転中は気付かない。逆に、65mm上げることもできる。悪路に臨むときの備えである。
今回は実際、オフロードを走らない。でも“やればできる”の安心感は大きい。聞けば、グランドチェロキーユーザーの4割は女性だという。女も男も、老いも若きも、頼れるヤツには好意的なもの。高級サルーンでも得がたい、そんなキャラクターこそ累計500万台の秘訣(ひけつ)なんじゃないか。
2013年の秋には、日本にもこの新型が入ってくる。前年よりは円安になったものの、取りあえずリミテッドに関しては、ほぼ変わらぬ価格で扱われる予定だという。

(文=webCG 関 顕也/写真=クライスラーグループ、webCG)

上級グレードに限り、足まわりはエアサス。北米仕様の「リミテッド」は、オプションとして装着できる。
上級グレードに限り、足まわりはエアサス。北米仕様の「リミテッド」は、オプションとして装着できる。 拡大
最新のタッチスクリーン式8.4インチディスプレイ。なお、これまでの日本仕様車における画面サイズは、7インチ。
最新のタッチスクリーン式8.4インチディスプレイ。なお、これまでの日本仕様車における画面サイズは、7インチ。 拡大
標準状態で1m×1mほどのフロアを持つ荷室。その容量は、リクライニング機構付きの後席を前方に倒すことで、拡大できる。
標準状態で1m×1mほどのフロアを持つ荷室。その容量は、リクライニング機構付きの後席を前方に倒すことで、拡大できる。 拡大
「ジープ・ラングラー」とおそろいの“TRAIL RATED”エンブレム。悪路走破性に対するプライドの証し。
「ジープ・ラングラー」とおそろいの“TRAIL RATED”エンブレム。悪路走破性に対するプライドの証し。 拡大

ジープ・グランドチェロキー リミテッド(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ジープ・グランドチェロキー リミテッド(4WD/8AT)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4822×1943×1761mm
ホイールベース:2915mm
車重:2125kg
駆動方式:4WD
エンジン:3.6リッターV6 DOHC 24バルブ
トランスミッション:8段AT
最高出力:290hp(216kW)/6400rpm
最大トルク:36.0kgm(353Nm)/4800rpm
タイヤ:(前)265/60R18/(後)265/60R18(ミシュラン・ラティチュード)
燃費:シティー=7.2km/リッター、ハイウェイ=10.2km/リッター(米国EPA値)
価格:--
オプション装備:--
※数値は北米仕様車のもの

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:2555km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

関連キーワード:
グランドチェロキージープ試乗記

あなたにおすすめの記事