ジープ・グランドチェロキー リミテッド(4WD/8AT)

“頼もしさ”が宝 2013.08.28 試乗記 デビュー以来初のテコ入れが実施された、4代目「グランドチェロキー」。どこがどう変わったのか? クルマとしての仕上がりは? アメリカ・カリフォルニア州でチェックした。

メイクアップはいい感じ

GRAND(=雄大、壮麗)の名を持つ「グランドチェロキー」は、ジープブランドのフラッグシップモデルだ。
エライのは、ブランド内の席次だけではない。1992年に初代がデビューしてからの累計販売台数は、グローバルで500万台にのぼる。日本全国どこでも見かけるハイブリッドカー「トヨタ・プリウス」が、世界累計300万台(1997年12月~2013年6月)。コンパクトカーの「ホンダ・フィット」は487万台(2001年6月~2013年5月)。意外! と言ったら失礼だけれど、セールスもエライSUVなのである。

1999年に2代目が、2004年には3代目が登場。御家の事情でメルセデス・ベンツの血が入った4代目グラチェロは、日本国内では2011年3月から販売されている。各モデルスパンの中間で“お色直し”するのは他社のクルマと同様で、現行モデルも、2013年1月のデトロイトショーで後期型がお披露目された。今回試乗したのは、それである。

“見るからにアメ車”だった総メッキのグリルは、後期型ではボディー同色に変更された。468psの最強モデル「SRT8」に倣って、エアインテークの縁にだけクロムが光る。バンパーも新形状。上級グレードの新しいバイキセノンヘッドランプは同じクライスラーグループのセダン「300」に似ていて、フォーマルな雰囲気もただよう。
さほど大げさな化粧直しではない。でも、ずいぶん垢(あか)抜けたな、と思う。それでライバル=欧州の高級SUVをけん制しようというのだろう。

車内のリフォームも今風だ。センターコンソールのディスプレイは、正方形に近い、8.4インチの大画面に。従来のオーソドックスな2眼式メーターは、アナログ計をアニメで表示する液晶タイプとなった。初物ではないが、ジャガーやトヨタの高級サルーンにも見られる、新しい手法である。

フロント各部の意匠が変更された4代目「グランドチェロキー」。写真に見られるバイキセノンヘッドランプ(テスト車「リミテッド」ではオプション)は、「クライスラー300」に似た形状に。
こちらはハロゲンヘッドランプ。輪郭はこれまでと変わらないが、インナーレンズの形状は新しくなっている。
インテリアの様子。写真は最上級グレード「サミット」のもので、シートやダッシュボードが全て本革張りになる。
マイナーチェンジを機に採用された、液晶表示タイプの計器盤。中央をスピードメーターが占める。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る