第11戦ベルギーGP決勝結果【F1 2013 速報】

2013.08.25 自動車ニュース

【F1 2013 速報】第11戦ベルギーGP、ベッテル独走で今季5勝目

F1世界選手権第11戦ベルギーGP決勝が、2013年8月25日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキット(7.004km)を44周して行われた。

今シーズンのF1後半戦開幕レースで、チャンピオンが圧倒的な速さ・強さを見せつけた。レッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルは、予選2位からスタート直後にトップを奪い、その後は得意の逃げ切りで真っ先にチェッカードフラッグを受けた。4連覇がかかるベッテルは、今季5回目の勝利でポイントリードをさらに拡大した。

2位はフェラーリのフェルナンド・アロンソ。予選は雨に翻弄(ほんろう)され9番グリッドに沈んだが、レースではスタートで5位まで上がり、その後目覚ましい追い上げで2位表彰台を獲得した。チャンピオンシップではキミ・ライコネンのリタイアにも助けられ、再び2位に返り咲いた。

3位にはメルセデスのルイス・ハミルトンが入った。前戦ハンガリーGPのウィナーは、4戦連続となるポールポジションからスタートするも早々にベッテルに抜かれ、レースペースは伸び悩み、最初のピットストップ後にアロンソにオーバーテイクを許すと3位キープが精いっぱいだった。

メルセデスのもう1台、ニコ・ロズベルグはグリッド順位と同じ4位。予選3位からスローな出だしで遅れたレッドブルのマーク・ウェバーは5位でフィニッシュした。マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトンは、1ストップで走り切れば表彰台も見えていたが、結局2回タイヤを替えたことで6位に終わった。フェラーリのフェリッペ・マッサは10番グリッドから7位、ロータス・ルノーのロメ・グロジャンは1ストップで走り切ったもののグリッド位置から1つ後退し8位でゴールした。
フォースインディア・メルセデスのエイドリアン・スーティルが12番グリッドから9位入賞、予選Q1で敗退したトロロッソ・フェラーリのダニエル・リチャルドは入賞圏まで回復し10位フィニッシュ、1点を追加した。

以下、11位セルジオ・ペレス(マクラーレン)、12位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ)、13位ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー・フェラーリ)、14位エステバン・グティエレス(ザウバー)、15位バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ・ルノー)、16位ギド・バン・デル・ガルデ(ケイターハム・ルノー)、17位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、18位ジュール・ビアンキ(マルシャ・コスワース)、19位マックス・チルトン(マルシャ)が完走した。

チャンピオンシップでは、ポイントを197点とした首位ベッテルが、ランキング2位に上がったアロンソに46点ものギャップを築いている。3位にポジションアップしたハミルトンは139点。痛恨の無得点に終わったライコネンは134点のままで4位に落ち、ウェバーは115点で5位につけている。

コンストラクターズタイトル争いは、1位レッドブル312点に対し、2位メルセデスは235点。両者の間には77点の開きがある。3位フェラーリは218点、4位ロータス187点。そして5位にマクラーレンが浮上、65点を獲得しフォースインディアに4点差をつけている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。