アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)

冒険的な人生によく似合う 2013.08.30 試乗記 スポーツカー界のサラブレッドたるアストン・マーティンのニューモデル「ラピードS」。558psの4ドアスポーツカーが放つ魅力を堪能した。

走りだせば小さく感じる

「ラピードS」は、東京・赤坂にあるビジネスビルの地下駐車場でひっそりとその白い巨体を休めていた。近づくと、フロントドアにアストン・マーティンがめでたくも100周年を迎えたことを訴える大きなデカールが貼ってあった。誰もが知るこのサラブレッド・スポーツカー・ブランドは、自動車界における奇跡といってよい。倒産のたびに救い主が現れてきたのだから。

「スワンウイングドア」と呼ばれる、ちょっと斜め上に向かって開くドアを開けて乗り込む。4ドアの利点は、ドアが短いことだ。つまり狭い駐車場での乗り降りが2ドアより容易である。目にも鮮やかな、鮮血と呼びたいぐらいに赤い革内装が目に飛び込んでくる。スティッチの施されたダッシュパネルの手仕事、バケットシートのレーシィかつぜいたくな造形に見とれる。

スターターのキーを入れるべきスロットに押し込むと、ガルルッと6リッターV12が一声吠(ほ)えた。薄暗い地下駐車場に野獣の雄たけびが響く。全長5m、ホイールベース3mの巨躯(きょく)をそろりと動かし、慎重に地下駐車場から這(は)い出る。公道に出てさえしまえば、ラピードはギュッと小さくなる。せいぜいミドルクラスのサイズ感といってよい。振り向けば、2つのフロントシートが並んでいるように見える。珍しい光景だ。

テスト車にはアストン・マーティン100周年を記念するステッカーが貼られていた。
テスト車にはアストン・マーティン100周年を記念するステッカーが貼られていた。
ヘッドレストのロゴ刺しゅうはオプション装備(8万4000円)。
ヘッドレストのロゴ刺しゅうはオプション装備(8万4000円)。
センターコンソール上部中央のスロットにキーを押し込むと、エンジンが始動する。
センターコンソール上部中央のスロットにキーを押し込むと、エンジンが始動する。
後席は2座の独立タイプ。足元には十分な広さがある。
後席は2座の独立タイプ。足元には十分な広さがある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラピードSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストン・マーティン ラピードS(FR/6AT)【試乗記】 2013.8.30 試乗記 スポーツカー界のサラブレッドたるアストン・マーティンのニューモデル「ラピードS」。558psの4ドアスポーツカーが放つ魅力を堪能した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アストン・マーティン ラピード(FR/6AT)【試乗記】 2010.8.24 試乗記 アストン・マーティン ラピード(FR/6AT)
    ……2339万3150円

    アストンの最新4ドアスポーツカー「ラピード」に試乗。その走りは? 乗り心地は?
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る