ボルボ、2014年モデルにサイクリスト検知機能

2013.08.27 自動車ニュース
2014年モデルの「ボルボV60」と、ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のアラン・デッセルス氏(右)、ボルボ・カー・コーポレーション シニアセーフティーマネージャーのヤン・イバーソン氏(左)。
2014年モデルの「ボルボV60」と、ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のアラン・デッセルス氏(右)、ボルボ・カー・コーポレーション シニアセーフティーマネージャーのヤン・イバーソン氏(左)。

ボルボ、2014年モデルにサイクリスト検知機能

ボルボ・カー・ジャパンは2013年8月27日、「XC90」を除くボルボ全車の2014年モデルに、自転車への追突事故を防ぐ「サイクリスト検知機能」を導入し、発売した。

サイクリスト検知機能について説明するヤン・イバーソン氏。より迅速に対象物を識別できるカメラや、素早く適切な判断が可能なソフトウエアなどにより、自転車の検知が可能になったという。
サイクリスト検知機能について説明するヤン・イバーソン氏。より迅速に対象物を識別できるカメラや、素早く適切な判断が可能なソフトウエアなどにより、自転車の検知が可能になったという。
「ボルボS60」のフロントウィンドウ上部に装備される、デジタルカメラと赤外線レーザー。
「ボルボS60」のフロントウィンドウ上部に装備される、デジタルカメラと赤外線レーザー。
「ボルボS60」のフロントグリル内に装備されるミリ波レーダー。
「ボルボS60」のフロントグリル内に装備されるミリ波レーダー。

このシステムは、車両と同方向に走っている自転車が突然自車の進路内に入り、衝突が避けられないと判断した場合に、光と音でドライバーに警告するとともに、自動でフルブレーキを作動させて追突を回避または事故の被害を軽減させるというもの。ボルボはこれまでにも、前方車両や歩行者との衝突を回避する自動ブレーキシステムを実用化してきたが、カメラやソフトウエアの進化などもあって、今回のシステムを実現させた。

センサーにはフロントグリル内に組み込まれたミリ波レーダーとフロントガラス上部のデジタルカメラを採用。ミリ波レーダーが前方の障害物の位置と距離を常に測定し、カメラがその種類(車両、歩行者、自転車など)を認識する。さらにカメラは、そのなかから衝突の危険性のあるものを識別し、危険性が高まった際にシステムを作動させる。

検知できる自転車は大人用のサイズのもので、地上70cm以上の高さの場所にリア・リフレクターが装備されていることが条件となる。
システムが作動する速度域は4km/h~80km/hの間で、車両速度が50km/h以下、自転車との相対速度が15km/h以下の場合は追突を回避、それ以外の場合でも追突事故による被害を軽減するとのこと。

(webCG)

 

 


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。