34色から選べる「ミツオカ・ビュート」発売

2013.08.28 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート12LX」と同車のデザイナーを務める青木孝憲氏。
「ミツオカ・ビュート12LX」と同車のデザイナーを務める青木孝憲氏。

光岡自動車「ビュート」をマイナーチェンジ

光岡自動車は2013年8月28日、「ビュート」のマイナーチェンジを実施し、同年8月30日に発売すると発表した。

ビュートは日産自動車の「マーチ」をベースに、光岡自動車が独自のカスタマイズを施し、クラシカルな3ボックススタイルに仕立てたコンパクトセダンである。

今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーの設定を大幅に強化。標準色のラインナップを新色の「クリーミーホワイト」と「ベージュメタリック」を追加した全6色としたほか、プラス8万4000円で選べる全28色のボディーカラーオプションを新設した。

また、インテリアオプション選択時のレザーカラーを「ダークレッド」と「アイボリー」の2色としたほか、センタークラスターのデザインを変更。上級グレードの「12LX」には、メッキアウトサイドドアハンドルやピアノ調センタークラスターフィニッシャー、新内装色の「プラム」などを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・12ST:215万2500円
・12DX:240万4500円(FF)/256万2000円(4WD)
・12LX:270万9000円(FF)/286万1250円(4WD)

(webCG 堀田)
 

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
ホームへ戻る