第311回:「懐かしのイタリア車」は最高のアイキャッチ

2013.08.30 エッセイ

ムッソリーニが決めたバーゲン

イタリアの商店では、夏のバーゲンセールがそろそろ終盤を迎えようとしている。この国ではセールの期間は各市町村が決め、商店はそれを守らないといけない。勝手にセールを始めることができないのだ。守らない場合は、交通違反と同じ要領で反則金が課せられる。

歴史を振り返ると、イタリアのセール関連法規はファシスト政権時代の1939年にさかのぼる。値引き前の正価や値引き幅の明記を義務づけ、消費者が安心して安い品を購入できる機会を提供したのが始まりだった。ただし、当時は期間までは定めていなかった。

戦後1980年になると、法律でセール期間まで定められるようになる。これは商店間の過当競争の抑止につながったが、いっぽう昨今は「自由競争を阻害する」との意見がたびたび出るようになった。そこで2012年初め、当時のマリオ・モンティ政権は、セール時期の撤廃を盛り込んだ政令公布を計画した。しかし最終的には商業団体の強い反対に遭い、実現に至らなかった、というのがこれまでの経緯である。

「国会で青島幸男が決めたのだ」というのは往年のギャグ漫画『天才バカボン』の名ぜりふであるが、今日のイタリアのセール統制のルーツは、「ムッソリーニが決めたのだ」といえる。

【写真1】近年イタリアではアウトレットモールが続々とオープンしている。これはモトGPが開催されるムジェッロ・サーキットにも近い「バルベリーノ・デザイナー・アウトレット」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。