ジャガーXJR(FR/8AT)

度量の広いスーパーサルーン 2013.09.02 試乗記 最高出力550psの「XJR」に試乗。圧倒的なパワーを独自の思慮と見識で御すその走りに、ジャガーならではの懐の深さを感じた。

ジャガーとメルセデスの相似性

ジャガーに乗るとメルセデスを思い出し、メルセデスに乗るとジャガーを思い出す。
そんなことを言っているのはもしかして僕だけかもしれないが、両社の間には不思議と共通する仕事がみてとれる。それはフットワークのまとめ具合だ。
ステアリングレシオを控えめにして、ドライバーにあえて大きく操作をさせることに留意しているのはメルセデス。節々の設定を柔らかめにして、過敏な反応の角を丸めているのがジャガー。が、目的は一緒で、どちらも操舵(そうだ)ゲインを努めて柔らかくにじませるための施策だ。ロール量は無理に規制しない代わりに、ロールスピードは比例的かつスローに収めているのも両社同様。そしてダンパーの伸び側量がしっかり抑えられ、大きな入力で車体が跳ね上がるような動きを徹底的に封じ込めているのも同じ……と、結果的にクルマの動かし方がとてもよく似ている。

あえてこの両社を区別しようとすれば、メルセデスのライドフィールはやはり定常的だ。速度が増せば増すほどリングが絞り込まれフォーカスがスーッと定まっていくような確度がもたらす心地よさは、ドイツ的な官能性と評してもいいのかもしれない。一方でジャガーのそれは、一点のカリッとした焦点を常にふわっとしたボケ味が包み込んでいるような印象だ。色気めいた話を持ち込めば、確かにジャガーには特有の雰囲気がある。それこそネコ足と判を押すのをどうしても避けようというのなら、カメラのレンズの嗜好(しこう)性になぞらえてみてもいいのかもしれない。

外装では専用デザインのフロントバンパーやボンネット、サイドシルスポイラー、トランクスポイラーなどが「XJR」の特徴。
外装では専用デザインのフロントバンパーやボンネット、サイドシルスポイラー、トランクスポイラーなどが「XJR」の特徴。
インパネまわりは基本的に他の「XJ」シリーズと共通。本国仕様では、ドアやインパネの加飾パネルには、ピアノブラックとカーボンの2種類を用意している。
インパネまわりは基本的に他の「XJ」シリーズと共通。本国仕様では、ドアやインパネの加飾パネルには、ピアノブラックとカーボンの2種類を用意している。
シートの色は黒のほか、アイボリー、タン、レッドなどを用意。背もたれの上部には「R」のロゴがエンボスされている。
シートの色は黒のほか、アイボリー、タン、レッドなどを用意。背もたれの上部には「R」のロゴがエンボスされている。

ジャガーXJR(FR/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XJの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーが「XJ」の2017年モデルを日本に導入 2016.9.16 自動車ニュース ジャガーが「XJ」の2017年モデルを発表。新グレードとして「Rスポーツ」を設定したほか、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に採用。スマートフォンを利用した空調の遠隔操作などを可能とする通信機能を初導入した。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.4.28 試乗記 ジャガーXJ 2.0ラグジュアリー(FR/8AT)/XF 2.0プレミアムラグジュアリー(FR/8AT) ……946万5000円/793万4650円 高級車という“直球勝負”に若干の気恥ずかしさが伴う時代だからこそ、正統派なサルーンに、それもカッコよく乗りたいものである! エンジンのダウンサイジングを済ませて、次世代に備えたジャガーサルーンにあらためて乗る。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る