MINIジョンクーパーワークス ペースマン(4WD/6AT)

言うなれば「ニッチマン」 2013.09.04 試乗記 個性派「MINIペースマン」のハイパワーバージョン、「ジョンクーパーワークス ペースマン」に試乗。その走りは、他のMINIとはどう違う?

“クーペな感じ”で先を行く

最近、路上で「MINIクロスオーバー」の姿が目立つようになってきた。新しいビッグ・プラットフォームの“5ドア大型ミニ”である。国内導入は2011年1月。BMWジャパンはモデルごとの販売台数を公表していないが、「ドアはやっぱり4枚なくっちゃね」という層をがっちりつかんでいるのだろう。

2013年2月に発売された「ペースマン」は、クロスオーバーの兄弟車ともいえる3ドアモデルである。フロントマスクや全体のSUV的雰囲気はクロスオーバーと同じだが、ペースマンは側面ドア2枚。ただリアドアを取り払っただけじゃ芸がないので、上屋を「レンジローバー イヴォーク」風のクーペルックに変えたのが付加価値といえる。

“ペースマン”とは、「先頭に立って、ペースをつくる人」という意味だそうだ。そこから「一歩先を行く人」ってことだろう。MINIとしては初めてテールゲートにモデル名のエンブレムを付けたのも、マラソンのペースランナーのような「このクルマについてきなさい」というメッセージなのかもしれない。
ご存じのとおり、クロスオーバーの本国名は「カントリーマン」である。森に向かうカントリーマンと、都会を泳ぐペースマン。「韻を踏んだビッグミニブラザーズ」と捉えると、ペースマンの立ち位置ももう少しわかりやすかったはずだが、日本では商標登録上の問題でカントリーマンが使えなかったのが残念だ。

今回試乗したのは、最高性能版「ジョンクーパーワークス(JCW)」のATモデル。テスト車はオプション込みで570万円オーバーというタイヘンなことになっていたが、466万円の本体価格もMINIシリーズ最高額だ。レンジローバー イヴォーク(450万円~)が買えてしまうMINIである。

サイドビュー。片側1枚のドアと、後方に向かって下がるルーフラインが、兄弟車の5ドアモデル「MINIクロスオーバー」との大きな違い。
サイドビュー。片側1枚のドアと、後方に向かって下がるルーフラインが、兄弟車の5ドアモデル「MINIクロスオーバー」との大きな違い。

リアのハッチには、「MINI」「JOHN COOPER WORKS」のエンブレムに交じって「PACEMAN」の車名ロゴが輝く。


    リアのハッチには、「MINI」「JOHN COOPER WORKS」のエンブレムに交じって「PACEMAN」の車名ロゴが輝く。
インテリア。テスト車のATモデルに加え、アイドリングストップ機能付きのMTモデルもラインナップする。
インテリア。テスト車のATモデルに加え、アイドリングストップ機能付きのMTモデルもラインナップする。
センターコンソールに置かれる大きなスピードメーターは、MINIファミリー共通の特徴。中央部はインフォメーションディスプレイになっている。(画像をクリックすると、さまざまな表示が見られます)
センターコンソールに置かれる大きなスピードメーターは、MINIファミリー共通の特徴。中央部はインフォメーションディスプレイになっている。(画像をクリックすると、さまざまな表示が見られます)
関連記事
  • MINIクーパー ペースマン ALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2014.5.20 試乗記 「MINI ペースマン」に4WDの新グレードが登場。“ちょっと非力”だからこそ味わえるMINIならではの走りとともに、あらためてペースマンの魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る