プジョー208GTi(FF/6MT)

温故知新のホットハッチ 2013.09.03 試乗記 「205GTi」のデビューから30年。21世紀のホットハッチはどのような進化を遂げたのか? その走りを確かめた。

動き始めからトルクもりもり

いいクルマは年々増えているが、楽しいクルマは年々減っている。

でも、まったくなくなったわけではなかった。また、高価なゾーンにしかないわけでもなかった。「プジョー208GTi」があった。車両本体価格299万円。ギリギリ300万円以内だ。9975円のETC車載器をつけてもまだギリギリ300万円以内。カーナビ(17万8500円)をつけるとちょっと超えるが、それでも、この価格帯で最も楽しいクルマの一台だと断言したい。例のスポーツカーがあるじゃないかって?  こっちのほうがクルマとしては相当に上だと思う。

端的に言えば、208GTiはホットハッチだ。全長3960mm、全幅1740mm、全高1470mmとコンパクトな車体に、プジョーのスペシャリティークーペ「RCZ」にも積まれるハイチューンな1.6リッター直4ターボを横置きし、前輪を駆動する。車重1200kgは十分に軽い。トランスミッションは古典的な3ペダルの6MTだけが設定される。

まずはエンジンについて。おなじみの、プジョーがBMWと共同開発した1.6リッター直噴直4ターボ。さまざまなチューニングによって多くのモデルに搭載されるこのエンジンは、官能的というより実直に仕事をするタイプだが、208GTi向けは最高出力200ps/6000rpm、最大トルク28.0kgm/1700rpmと、なかなか色っぽいスペックとなっている。

ハイチューンといっても、現代のクルマは高回転を封じられているので、過給でパワーを稼ぐタイプだ。ホットハッチのそれとは思えないほどに軽いクラッチペダルを踏んで、1速に入れ、ゆっくりクラッチをつなぐ。クルマが進み始めると同時にアクセルペダルをじわりと踏み込むと、すでにトルクもりもりという感じ。1200kgの車重に対しては十分以上で、ギアアップを繰り返すと車体はかっ飛んでいく。実際も相当に速いと思うが、控えめながらも“普通の”208とは明らかに異なるエンジン音、排気音に調律されていて、“音も”速い。

チェッカードフラッグをイメージしたというフロントグリルは「GTi」専用のデザイン。
チェッカードフラッグをイメージしたというフロントグリルは「GTi」専用のデザイン。
搭載されるエンジンは1.6リッター直4ターボ。200psと20.8kgmを発生する。
搭載されるエンジンは1.6リッター直4ターボ。200psと20.8kgmを発生する。
インテリアはブラックを基調としながらも、随所に赤の差し色が配される。
インテリアはブラックを基調としながらも、随所に赤の差し色が配される。

プジョー208GTi(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る