日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達

2013.08.29 自動車ニュース
2013年内の生産終了が予定されている、現行型の「三菱ミニキャブ バン」
2013年内の生産終了が予定されている、現行型の「三菱ミニキャブ バン」

日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達

日産自動車と三菱自動車は2013年8月29日、スズキからガソリン軽商用バン/トラックおよび軽ワゴンのOEM供給を受けることで、同社と基本合意に達したと発表した。

「三菱ミニキャブ トラック」のOEMモデルである「日産NT100クリッパー」
「三菱ミニキャブ トラック」のOEMモデルである「日産NT100クリッパー」

現在、三菱は軽商用バン「ミニキャブ バン」、同トラック「ミニキャブ トラック」を生産しており、日産もこれらをOEM調達したうえで、「NV100クリッパー」「NT100クリッパー」として販売している。今回の発表によれば、三菱は2013年内をめどに「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の生産を終了。これらの車種の代替えとして、両メーカーはスズキから軽商用バン/トラックのOEM供給を受けるとしている。

供給開始の時期については、三菱では2014年春、日産では2013年末を計画。今後は具体的な供給時期を含めた詳細について、正式契約を締結する予定だ。

なお、三菱は電気自動車の「ミニキャブMiEV」および「ミニキャブMiEV トラック」については、今後も車両開発や生産、販売を継続。同社は今回の合意について「ガソリン軽商用車商品ラインナップの維持をはかりつつ、車両開発・生産における経営資源の重点分野への集中を可能とするものであり、販売および投資効率の両面でメリットを享受することが期待される」としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
NT100クリッパーNV100クリッパー日産国産その他自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産クリッパー」、環境・安全性能アップ 2004.10.21 自動車ニュース 日産自動車は、軽商用車「クリッパー」(「三菱ミニキャブ」OEM版)を一部改良し、2004年10月20日に発売した。
  • ロールス・ロイス・ファントム/ファントム エクステンデッド ホイールベース【海外試乗記】 2017.11.22 試乗記 「ロールス・ロイス・ファントム」がフルモデルチェンジを果たし、8代目に移行した。新型は外観こそまがうかたなきロールス・ロイスだが、新設計のアルミアーキテクチャーが用いられるなど、新時代の幕開けを感じさせる内容となっている。スイスで試乗した。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【レビュー】 2017.11.10 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記