日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達

2013.08.29 自動車ニュース
2013年内の生産終了が予定されている、現行型の「三菱ミニキャブ バン」
2013年内の生産終了が予定されている、現行型の「三菱ミニキャブ バン」 拡大

日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達

日産自動車と三菱自動車は2013年8月29日、スズキからガソリン軽商用バン/トラックおよび軽ワゴンのOEM供給を受けることで、同社と基本合意に達したと発表した。

「三菱ミニキャブ トラック」のOEMモデルである「日産NT100クリッパー」
「三菱ミニキャブ トラック」のOEMモデルである「日産NT100クリッパー」 拡大

現在、三菱は軽商用バン「ミニキャブ バン」、同トラック「ミニキャブ トラック」を生産しており、日産もこれらをOEM調達したうえで、「NV100クリッパー」「NT100クリッパー」として販売している。今回の発表によれば、三菱は2013年内をめどに「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の生産を終了。これらの車種の代替えとして、両メーカーはスズキから軽商用バン/トラックのOEM供給を受けるとしている。

供給開始の時期については、三菱では2014年春、日産では2013年末を計画。今後は具体的な供給時期を含めた詳細について、正式契約を締結する予定だ。

なお、三菱は電気自動車の「ミニキャブMiEV」および「ミニキャブMiEV トラック」については、今後も車両開発や生産、販売を継続。同社は今回の合意について「ガソリン軽商用車商品ラインナップの維持をはかりつつ、車両開発・生産における経営資源の重点分野への集中を可能とするものであり、販売および投資効率の両面でメリットを享受することが期待される」としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
NT100クリッパーNV100クリッパー日産国産その他自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産が「NV100クリッパー」を仕様変更して発売 2018.4.9 自動車ニュース 日産自動車は2018年4月9日、軽商用車「NV100クリッパー」の仕様を一部変更し、販売を開始した。同車は日産がスズキからOEM供給を受けて販売するワンボックスタイプの軽自動車であり、「スズキ・エブリイ」の姉妹車にあたる。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • 「スズキ・バレーノ」のターボ車、指定燃料がレギュラーガソリンに 2018.5.16 自動車ニュース スズキは2018年5月16日、コンパクトハッチバック「バレーノ」の1リッターターボエンジン搭載車の指定燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンへと変更し、販売を開始した。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • 「ホンダ・ジェイド」に2列シートの5人乗りモデル登場 2018.5.17 自動車ニュース 本田技研工業は、「ジェイド」のマイナーチェンジモデルを2018年5月18日に発売する。新たに2列シートの5人乗り仕様を設定したほか、グレード構成の大幅な見直しを行った。また、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車に標準装備としている。
ホームへ戻る