日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達

2013.08.29 自動車ニュース
2013年内の生産終了が予定されている、現行型の「三菱ミニキャブ バン」
2013年内の生産終了が予定されている、現行型の「三菱ミニキャブ バン」

日産と三菱がスズキから軽商用車をOEM調達

日産自動車と三菱自動車は2013年8月29日、スズキからガソリン軽商用バン/トラックおよび軽ワゴンのOEM供給を受けることで、同社と基本合意に達したと発表した。

「三菱ミニキャブ トラック」のOEMモデルである「日産NT100クリッパー」
「三菱ミニキャブ トラック」のOEMモデルである「日産NT100クリッパー」

現在、三菱は軽商用バン「ミニキャブ バン」、同トラック「ミニキャブ トラック」を生産しており、日産もこれらをOEM調達したうえで、「NV100クリッパー」「NT100クリッパー」として販売している。今回の発表によれば、三菱は2013年内をめどに「ミニキャブ バン」「ミニキャブ トラック」の生産を終了。これらの車種の代替えとして、両メーカーはスズキから軽商用バン/トラックのOEM供給を受けるとしている。

供給開始の時期については、三菱では2014年春、日産では2013年末を計画。今後は具体的な供給時期を含めた詳細について、正式契約を締結する予定だ。

なお、三菱は電気自動車の「ミニキャブMiEV」および「ミニキャブMiEV トラック」については、今後も車両開発や生産、販売を継続。同社は今回の合意について「ガソリン軽商用車商品ラインナップの維持をはかりつつ、車両開発・生産における経営資源の重点分野への集中を可能とするものであり、販売および投資効率の両面でメリットを享受することが期待される」としている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • ダイハツ、「タント」を改良し安全性を強化 2016.11.30 自動車ニュース ダイハツ工業は2016年11月30日、軽乗用車「タント」に一部仕様装備の変更を実施し、販売を開始した。今回の改良では、新開発の衝突回避支援システム「スマートアシストIII」の搭載や、装備面の強化が実施されている。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • 第383回:テスラが自動運転機能の安全性を強化
    新ソフト「バージョン8.0」搭載の「モデルS」に試乗
    2016.11.29 エッセイ テスラモーターズは2016年の秋、オートパイロットと呼ばれる自動運転機能の安全性強化を中心とした新ソフトウエア「バージョン8.0」の配信を開始した。このアップデートでテスラはどのように進化したのか。同ソフト搭載の「モデルS」に試乗した。
ホームへ戻る