「水野和敏的視点」 vol.13「スポーツカーとは何か?」

2013.08.30 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.13
「スポーツカーとは何か?」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特別企画「水野和敏的視点」。今回のテーマは「スポーツカー」。時代を反映したスポーツカー3台を取り上げ、数回にわたって「スポーツカーとはどうあるべきか」を考える。

■明確なアイデンティティーが必要

前回まではセダンやハッチバックなど、実用車に試乗してきましたが、今回からしばらくは「スポーツカー」がテーマです。試乗車は3台。価格帯や存在感や、ターゲットカスタマーの異なるスポーツカーを集めてみました。

その顔ぶれは、1250万円の「ジャガーFタイプS V8」(8AT)、740万円の「ポルシェ・ボクスターS」(6MT)、そして297万円の「トヨタ86 GTリミテッド」(6MT)です。オリジンとなる国も、もちろん積んでいるエンジンの排気量も違いますが、スポーツをキーワードに、ひとくくりにしてみた場合、共通する要素はあるのか、大事なことは何なのか、進化していくべきものは、そして足りないものは……等々、見えてくるものがあるのではないでしょうか。

テスト車の詳細は、追って述べるとして、3台を簡単にまとめてみます。
まず、「ヴィンテージラグジュアリー」とでも呼びたくなる、ロマンスグレー紳士に向けたジャガーFタイプ。
それに対してポルシェ・ボクスターは、「アナタは働き盛り。そしてスポーツカーもしっかりと格好をつけながら操るんですよ」と、40代の運転者を激励してくれるクルマ。

では、トヨタ86に込められたメッセージとは何でしょうか。
お客さまから「気軽に乗れる250万円程度のスポーツカーが欲しい」と言われたから作られたクルマ、でしょうか。そして「このクルマの何がスポーツで、何が存在する意味ですか」と問われたら、「市場要望は満たしました。販売価格も妥当です。そしてアフターショップでの改造もできます」と答えるのでしょうか。
しかし、ちょっと考えてみてください。こういった言葉は、スポーツカーではなく、実用的なバリューカーに向けた答えと、何ら変わりがありません。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 
「水野和敏的視点」 vol.13「スポーツカーとは何か?」 の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.13「スポーツカーとは何か?」 の画像
「ジャガーFタイプS V8」
「ジャガーFタイプS V8」

「ポルシェ・ボクスターS」


	「ポルシェ・ボクスターS」
「トヨタ86 GTリミテッド」
「トヨタ86 GTリミテッド」

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る