「水野和敏的視点」 vol.13「スポーツカーとは何か?」

2013.08.30 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.13
「スポーツカーとは何か?」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親である水野氏が、クルマの本音を語り尽くす『mobileCG』の特別企画「水野和敏的視点」。今回のテーマは「スポーツカー」。時代を反映したスポーツカー3台を取り上げ、数回にわたって「スポーツカーとはどうあるべきか」を考える。

■明確なアイデンティティーが必要

前回まではセダンやハッチバックなど、実用車に試乗してきましたが、今回からしばらくは「スポーツカー」がテーマです。試乗車は3台。価格帯や存在感や、ターゲットカスタマーの異なるスポーツカーを集めてみました。

その顔ぶれは、1250万円の「ジャガーFタイプS V8」(8AT)、740万円の「ポルシェ・ボクスターS」(6MT)、そして297万円の「トヨタ86 GTリミテッド」(6MT)です。オリジンとなる国も、もちろん積んでいるエンジンの排気量も違いますが、スポーツをキーワードに、ひとくくりにしてみた場合、共通する要素はあるのか、大事なことは何なのか、進化していくべきものは、そして足りないものは……等々、見えてくるものがあるのではないでしょうか。

テスト車の詳細は、追って述べるとして、3台を簡単にまとめてみます。
まず、「ヴィンテージラグジュアリー」とでも呼びたくなる、ロマンスグレー紳士に向けたジャガーFタイプ。
それに対してポルシェ・ボクスターは、「アナタは働き盛り。そしてスポーツカーもしっかりと格好をつけながら操るんですよ」と、40代の運転者を激励してくれるクルマ。

では、トヨタ86に込められたメッセージとは何でしょうか。
お客さまから「気軽に乗れる250万円程度のスポーツカーが欲しい」と言われたから作られたクルマ、でしょうか。そして「このクルマの何がスポーツで、何が存在する意味ですか」と問われたら、「市場要望は満たしました。販売価格も妥当です。そしてアフターショップでの改造もできます」と答えるのでしょうか。
しかし、ちょっと考えてみてください。こういった言葉は、スポーツカーではなく、実用的なバリューカーに向けた答えと、何ら変わりがありません。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 
「水野和敏的視点」 vol.13「スポーツカーとは何か?」 の画像 拡大
 
「水野和敏的視点」 vol.13「スポーツカーとは何か?」 の画像 拡大
「ジャガーFタイプS V8」
「ジャガーFタイプS V8」 拡大

「ポルシェ・ボクスターS」


	「ポルシェ・ボクスターS」
	拡大
「トヨタ86 GTリミテッド」
「トヨタ86 GTリミテッド」 拡大

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
Fタイプ コンバーチブル86718ボクスタージャガートヨタポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ V8 S(FR/8AT)【試乗記】 2013.7.21 試乗記 「Eタイプ」以来、ジャガーが50年余りの時を経て世に問うた2シータースポーツカー「Fタイプ」。その“本気度合い”を知るために、箱根のワインディングロードで5リッターV8スーパーチャージドユニットを解き放った。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.20 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」に、ワゴンボディーを持つ派生モデル「スポーツツーリスモ」が登場。テストに供されたのは、最高出力550psを誇るトップパフォーマンスモデル。最高速300km/hオーバーのスペシャルなワゴンの実力とは!?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る