クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)

今も新鮮なヒット作の最終章 2013.09.09 試乗記 デビューから11年目に入り、モデルライフの最終章にある「ガヤルド」。しかし、その走りの切れ味は今なお新鮮だ。ランボルギーニの創業50周年を祝うスペシャルモデルで、ワインディングロードに挑んだ。

覚悟をもって乗る車

まなじり決して、というほど大げさな話ではないが、かつてのいわゆる“スーパーカー”に接するにはそれなりの覚悟が必要だった。今でもこのような特別な車を目の前にすると、若手編集部員の頃、すごい車に乗るチャンスが回ってきて飛び上がったのと同時に冷たい汗が流れたことを思い出す。もちろん今も高性能車に乗る時には気を引き締めるけれど、その緊張感の中身は大きく違う。何しろ、恐るべき高性能と非現実的な値段に恐れをなす、というよりその前に、神経をつかわなければならないことがわんさとあったからだ。
ガレージからそのまま見通しの良い広い道路へ出ていけるような恵まれた環境なら別だが、日本だろうがイタリアだろうが、現実の路上にはスーパーカーにとっての“トラップ”が無数にある。つまり低い車高、視界の悪さ、乗り降りの厄介さ、さらには不自然なドライビングポジション、重いクラッチにシフトレバーなどなど、安心してスロットルペダルを踏み込む前に、現在の常識からは想像できないぐらいの気がかりが待ち受けていたのだ。
ご存じのように1990年代に入ると、老舗スポーツカーメーカーも日常的な使いやすさを考慮するようになったが(「ホンダNSX」の影響大である)、ランボルギーニはまだ「ディアブロ」の時代で、疾風怒濤(どとう)のV12エンジンの存在感の前には、日常的な実用性やエルゴノミクスなどは枝葉末節でしかなかった。

悪夢のような実用性のエピソードをひとつ紹介する。これも昔のことだが、取材のためにテストドライバーが運転する某スーパーカー(イタリアだが、ランボルギーニではない)に同乗中、道を間違った彼が車を後退させて斜め後ろをぶつける瞬間を経験したことがある。その瞬間のドライバー氏のなんとも言えない呻(うめ)き声と、それまでの楽しい会話とは打って変わって、工場に急ぎ戻る間の、狭い室内の重い雰囲気は、長いこと忘れられなかった。同時に、毎日その車に接して隅々まで知っているはずのプロドライバーでさえ、ちょっとした不注意で簡単にガリッとやってしまうんだ、と心に刻んだのだった。あいつ、きっと怒られただろうなあ。

開けたオープンロードへ出たとしても油断してはいけない。あの当時のスーパーカーはお世辞にも完成度が高いとは言えなかったからだ。実際、ディアブロの初期モデルで高速道路を走行中、カラカランと何かが外れる音が聞こえて慌ててパーキングエリアに入ったら、助手席足元にどこかから落ちたボルトが2本転がっているのを発見したこともある。まあ、結局その時は何事も起こらなかったが、今は懐かしい谷田部のテストコースで他の車をテスト中、ウインドシールドが外れそうになったこともある。要するにそういうことも覚悟して、常に緊急連絡先を頭の片隅に置いておかなくてはならない、野性味あふれる車だったのである。

ランボルギーニの創業50周年を記念して、90台以下が全世界向けに限定生産される。後輪駆動仕様のみ。パフォーマンスの向上とイタリアンクラフトマンシップによるきめ細かな仕上げが見どころ。
ランボルギーニの創業50周年を記念して、90台以下が全世界向けに限定生産される。後輪駆動仕様のみ。パフォーマンスの向上とイタリアンクラフトマンシップによるきめ細かな仕上げが見どころ。 拡大
限定車であることを示すプレート。ダッシュボード上面の左隅(運転席側)に取り付けられている。
限定車であることを示すプレート。ダッシュボード上面の左隅(運転席側)に取り付けられている。 拡大
内装材として、人工皮革スエード素材のアルカンターラがふんだんに用いられる。
内装材として、人工皮革スエード素材のアルカンターラがふんだんに用いられる。 拡大
ルーフライニングもアルカンターラ。赤いステッチが入る。
ルーフライニングもアルカンターラ。赤いステッチが入る。 拡大
カーボン製のウイングがリアビューをスポーティーに引き締める。
カーボン製のウイングがリアビューをスポーティーに引き締める。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ハレとケを行き来する

そんな扱いにくさを補って余りある魔力を備えるからこそスーパーカーと言うのだろうが、厄介さを楽しみと捉えてくれるごく限られたエンスージアストだけでなく、より多くのユーザーを獲得しようとするならば、バックするたびに身を乗り出して後ろを確認することを推奨するわけにもいかないし(カウンタック・リバースとはよく名づけたものだ)、そもそも跳ね上げ式ドアの車にしか通用しない。数を売るためには自動変速機の設定も急務だった。

そこに登場したのが「ガヤルド」である。アウディグループ傘下となって初めてイチから開発されたガヤルドは、それまでの高い敷居を一気に引き下げた新世代モデルであり、事実サイドシルの幅が狭くなり乗り降りしやすくなったことをはじめ、実用性は格段に向上した。ボディーは比較的コンパクトであるうえにその四隅もつかみやすく、エアコンもディアブロの頃を思えば夢のように安定して作動する。ただ普通に走らせるだけなら、特別な技量は必要なく、昨日AT限定免許を取った人でも運転できる。だからこそ2003年のデビュー以来1万3000台以上のセールスを記録して、ランボルギーニ史上もっとも成功したモデルとなった。今ではこの分野のクラシックと呼んでもいいぐらいの完成度と洗練度を身につけていると思う。

もちろんひとたび鞭(むち)を入れればたけだけしく、激しく、悍馬(かんば)と言うにふさわしいその素顔をあらわにすることは言うまでもない。何といってもアルミとカーボンファイバーのボディーに500psを軽く超えるV10エンジンをミドシップ、0-100km/h:3.9秒、最高速320km/hを豪語するスーパースポーツである。近頃は数字に鈍感になって多少のことでは驚かなくなっているが、あの「フェラーリF40」ですら480ps程度だったことを思い出してほしい。運転できることと、そのパフォーマンスを存分に引き出すことはまったく別の話なのである。

シェルがカーボンの“レーシー”なバケットシートが装着される。余計なクッションはなく、前後スライド調整機構しか持たないスパルタンなもの。
シェルがカーボンの“レーシー”なバケットシートが装着される。余計なクッションはなく、前後スライド調整機構しか持たないスパルタンなもの。 拡大
試乗車にはオプションの「インテリア・カーボンファイバー・パッケージ2」が装着されていた。
試乗車にはオプションの「インテリア・カーボンファイバー・パッケージ2」が装着されていた。 拡大
スーパーカーにも“ユーザビリティー”が求められる時代。リアウイングにはリアビューモニター用のカメラがさりげなく仕込まれる。
スーパーカーにも“ユーザビリティー”が求められる時代。リアウイングにはリアビューモニター用のカメラがさりげなく仕込まれる。 拡大
10ps向上して「LP560-2」を名乗るが、カタログの加速データは「LP550-2」と変わらない。0-100km/h:3.9秒にとどまる。
10ps向上して「LP560-2」を名乗るが、カタログの加速データは「LP550-2」と変わらない。0-100km/h:3.9秒にとどまる。 拡大

軽く薄い本物のトラックシューズ

この車は、ランボルギーニの創立50周年を記念する「LP560-2 50° アニヴェルサリオ」なるガヤルドの特別仕様車で、全世界で90台以下という限定モデルである。車名の通り、5.2リッターV10エンジンは標準仕様の550psに対して10psアップの560ps(412kW)/8000rpmと55.1kgm(540Nm)/6500rpmを生み出し、6段セミATの「e-gear」を介して後輪を駆動する。ガヤルドにはビスカスカップリングを使用する4WDモデルもラインナップされているが、相対的にスタビリティーが高いそちらより2WDモデルは明らかに軽く敏しょうだ。車検証上の車重は1560kg(カタログ記載の乾燥重量は1380kg)と驚くほどの数字ではないが、パワーは言うまでもなく十分すぎるほど、しかもガヤルドのV10は直線的にリニアにパワーが盛り上がるのが特徴的で、特にミドルレンジからレブリミッターが作動する8200rpmまでは非常に鋭いレスポンスを備えている。

それゆえ、本気のコーナリング中はラフな操作は禁物だが、潔く締め上げられたサスペンションがわずかな荷重移動にも敏感に反応することを利用すれば、コーナリングの軌跡を自在に変えることもできる。セオリー通りにフロントに荷重を残してコーナーに進入すると、ナイフのようにスパッとインに貼り付き、そこからスロットル操作にピリピリと反応する感覚はまるで素手と素足でアスファルトを触っているようにダイレクト極まりない。その切れ味の鋭さはいかにも正統派ミドシップスポーツ、むしろレーシングカーに近いと言ってもいい。

ただし、その分近頃では珍しいぐらいのスパルタンな乗り心地だということを覚悟しておいたほうがいい。カーボンファイバーシェルにアルカンターラを張っただけの薄いバケットシート(スライドのみ調整可能)もコンフォートなどという言葉とは無縁であり、その痛快な切れ味を堪能しながら山道を走り回った翌日は背中が痛くて満足に椅子に座れなかったが、それは年のせいだけではない。長距離走にはそれにふさわしいシューズが必要なのだ。

(文=高平高輝/写真=小林俊樹)

ワインディングロードでは後輪駆動ならではの、シャープな足どりを披露。リアデフに備わるLSDのロッキングファクターは加速時25%、減速時45%と、標準車と同じ。


    ワインディングロードでは後輪駆動ならではの、シャープな足どりを披露。リアデフに備わるLSDのロッキングファクターは加速時25%、減速時45%と、標準車と同じ。
    拡大
5204ccの90度V10エンジンは560psと55.1kgmを発生。燃料タンク容量は90リッター。
5204ccの90度V10エンジンは560psと55.1kgmを発生。燃料タンク容量は90リッター。 拡大
タイヤとブレーキのサイズは標準車と共通。フロントに8ピストンのブレーキキャリパーがおごられる。
タイヤとブレーキのサイズは標準車と共通。フロントに8ピストンのブレーキキャリパーがおごられる。 拡大
「ビアンコ・オパリス」と呼ばれる白のボディーカラーはこのモデル限定のもの。光を強く反射する粒子の層が追加されており、ひと味違った輝きを放つ。
「ビアンコ・オパリス」と呼ばれる白のボディーカラーはこのモデル限定のもの。光を強く反射する粒子の層が追加されており、ひと味違った輝きを放つ。 拡大

テスト車のデータ

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4345×1900×1165mm
ホイールベース:2560mm
車重:1380kg(乾燥重量) ※車検証記載値は1560kg。
駆動方式:MR
エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ
トランスミッション:6段AT
最高出力:560ps(412kW)/8000rpm
最大トルク:55.1kgm(540Nm)/6500rpm
タイヤ:(前)235/35ZR19 91Y/(後)295/30ZR19 100Y(ピレリPゼロ)
燃費:13.3リッター/100km(7.5km/リッター。欧州複合サイクル)
価格:2291万6250万円/テスト車=2516万730円
オプション装備:カラー・ブレーキ・キャリパー(レッド)<Ad Personam*>(10万1010円)/LEDライト・パッケージ(8万3475円)/トラベル・パッケージ(8万850円)/アンチ・セフト・システム(盗難防止)(7万2450円)/カーボンファイバー・エンジンベイ・トリム(53万5500円)/インテリア・カーボンファイバー・パッケージ2(63万9450円)/リアビュー・カメラ(ケンウッド・システム)(32万2350円)/ブランディング・パッケージ(11万2770円)/インテリア・リクエスト<Ad Personam>(29万6625円)
*=アドペルソナム。オーダー時にボディカラーやインテリアカラー、装備内容などを注文者の好みに応じてカスタマイズできるパーソナライズプログラムのこと。

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:729km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:345.7km
使用燃料:64.4リッター
参考燃費:5.4km/リッター(満タン法)、6.4km/リッター(車載燃費計計測値)

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ
ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ 拡大

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-2 50° アニヴェルサリオ(MR/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
ガヤルドランボルギーニ試乗記

あなたにおすすめの記事