フォルクスワーゲンから2台のEVが登場【フランクフルトショー2013】

2013.09.02 自動車ニュース
フォルクスワーゲンの電気自動車「e-up!」(左)と「e-ゴルフ」(右)
フォルクスワーゲンの電気自動車「e-up!」(左)と「e-ゴルフ」(右)

【フランクフルトショー2013】フォルクスワーゲンから2台のEVが登場

独フォルクスワーゲンは2013年8月27日、電気自動車の「e-ゴルフ」と「e-up!」を同年のフランクフルトショー(開催期間:2013年9月10日~22日)で公開すると発表した。

 
フォルクスワーゲンから2台のEVが登場【フランクフルトショー2013】の画像
 
フォルクスワーゲンから2台のEVが登場【フランクフルトショー2013】の画像

e-ゴルフは、最高出力115ps(85kW)、最大トルク27.5kgm(270Nm)の電動モーターを搭載したモデルで、0-100km/h加速10.4秒という動力性能を発揮。最高速はリミッターによって140km/hに制限される。バッテリーは蓄電量24.2kWhのリチウムイオン式で、1回の充電で190kmの距離を走行することが可能。フォルクスワーゲンでは初採用となるLED式のヘッドライトも特徴となっている。

一方、e-up!は最高出力82ps(60kW)、最大トルク21.4kgm(210Nm)のモーターと18.7kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、0-100km/h加速12.4秒、最高速130km/hという動力性能を発揮。1回の充電による航続可能距離は160kmと発表されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフe-up!フォルクスワーゲンフランクフルトモーターショー2013自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記