メルセデス・ベンツE350ブルーテック ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)

“きれいに遊ぶ”クルマ 2013.09.11 試乗記 マイナーチェンジで、デザインのみならず機能も磨き上げたというディーゼル版「Eクラス」。最新型の走りや乗り心地を試した。

注目ジャンルの草分け的存在

いま人気のクリーンディーゼル。その元祖が「メルセデス・ベンツEクラス」のディーゼルである。放射能よりディーゼルの黒煙のほうがキケンだと思っている前東京都知事がススの入ったペットボトルを振りかざして、日本の乗用車市場からディーゼルが消滅しかけたときも、先代(W211)Eクラスが「E320 CDI」でいち早く“希望の灯”をともした。その後の「新長期(平成17年)規制」も、現行の「ポスト新長期(平成22年)規制」も、先陣を切ってクリアした輸入車はEクラスのクリーンディーゼルだった。

そんな“ディーゼルの盟主”が送り込んだ新型「E350ブルーテック」の3リッターV6ターボは、フェイスリフト前の従来モデルよりパワーで41ps、トルクで8.1kgmをさらに上乗せし、一方、燃費は約50%の向上を果たしたという。

NOx(窒素酸化物)対策のソリューションは、ポスト新長期規制をクリアした2010年モデル以来の尿素還元触媒方式を用いる。尿素水溶液(アドブルー)を排気に噴射して、NOxをN2(窒素)とH20(水)に変える。アドブルーが切れると、エンジンはかからなくなるから、軽油やエンジンオイルと同様に欠かせない液体だが、新型はアドブルーの補充に関してトリセツで一切触れなくなった。チェックは点検整備の際にプロがやり、ユーザーさまの手は煩わせませんという方針を徹底したのだろう。

試乗したのはワゴン(833万円)。セダンとともに、グレードはアバンギャルドのみ。ガソリン3.5リッターV6の「E300アバンギャルド」と比べても、ディーゼルは80万円近く高い。現在、クリーンディーゼル輸入車のベストセラーを駆けぬける「BMW 320d」のように、ガソリンモデルとの価格差を詰めて、割安感で売るという色気はないようだ。

ディーゼルの「Eクラス」は、今回のテスト車であるワゴンモデルのほかに、35万円安のセダン(798万円)も用意される。
ディーゼルの「Eクラス」は、今回のテスト車であるワゴンモデルのほかに、35万円安のセダン(798万円)も用意される。
マイナーチェンジにともない、エアコンの吹き出し口やセンターコンソールのスイッチ類などの意匠が変更されたインテリア。ハンドル位置は右のみとなっている。
マイナーチェンジにともない、エアコンの吹き出し口やセンターコンソールのスイッチ類などの意匠が変更されたインテリア。ハンドル位置は右のみとなっている。
メーターのデザインもリニューアル。大小5つあったアナログメーターは、3つに集約された。
メーターのデザインもリニューアル。大小5つあったアナログメーターは、3つに集約された。
ステレオマルチパーパスカメラ(写真)と5つのレーダーセンサーを用いた最新の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が標準で備わるのも、セリングポイントのひとつ。
ステレオマルチパーパスカメラ(写真)と5つのレーダーセンサーを用いた最新の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が標準で備わるのも、セリングポイントのひとつ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る