メルセデス・ベンツCLA250(FF/7AT)

伝統にとらわれない価値 2013.09.05 試乗記 ダイナミックなデザインとスポーティーな走りが自慢。メルセデス・ベンツの新型4ドアクーペ「CLAクラス」の実力を確かめた。

「ミニCLS」は三枚目?

「メルセデス、大丈夫かなぁ」と、まことに余計なお世話ながら、ちょっと心配になった。スリーポインテッドスターの新しいコンパクトモデル、「CLA」を目の前にして。

「メルセデス・ベンツCLAクラス」は、いうなれば「Aクラス」のオシリにトランクを追加したクルマだ。ただ、キャビンと独立した荷室が付いたのはいいのだが、なだらかに落ちるルーフラインのせいで、後席の天地はずいぶんと狭くなった。大人では、長時間の使用は厳しかろう。「もともと2+2の4ドアクーペだから」と割り切ればいいのだが、それにしては「肝心のカッコがねェ……」と思わざるを得ない。クルマに限らず、デザインの良しあしは、見る人の個人的な嗜好(しこう)によるところ大ですが、ここはあえて、主観に沿って述べさせていただきます。

ちょっと古いクルマ好きの人なら、「プジョー309」を思い出すかもしれない。日本車では、例えば「日産マーチ」の先代モデルにあったセダン(海外仕様)や「ホンダ・フィットアリア」。ハッチバックが本来の姿であるクルマを3ボックス化すると、どうもプロポーションが妙なことになりがちだ。そこに独特の“味”が生じて、愛着を抱くマニアがいらっしゃることは否定しない、というか、むしろ大いに応援したいところだが、それはともかく、メルセデスもAクラスの3ボックス化にあたって、ある種の危惧を抱いたのであろう。打ち出したコンセプトが、「ミニCLS」。

「流麗で印象的なルーフライン」「スポーティーでダイナミックな3本のキャラクターライン」「アグレッシブで力強いフロントマスク」が、“Coupe Light A-Class”ことCLAの特徴として挙げられる。それぞれは正しくその通りで、たしかに斜め後ろ上方から実車を眺めるとCLSに見えなくもないが、サイズに余裕があるFR車のフォルムを、コンパクトなFF車に移植するのはムリがあろう。なんだかパースが狂っているような、常日頃から広角レンズでのぞいているような、獅子舞のごとく頭デッカチな、端的にいって、“妙ちくりんなバランス”が、本来二枚目であるはずのCLAに、三枚目の愛嬌(あいきょう)を与えている。


搭載されるエンジンは2リッター直4ターボ。211psと35.7kgmを発生する。
「ダイヤモンドグリル」とボンネットの「パワードーム」がアグレッシブさを演出。
ボディーサイズは「Cクラス」とほぼ同じ。「Aクラス」比では全長が330mm長く、全高が10mm高い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る