第312回:ミニカー700台がお出迎え!?
ホテルの支配人は熱いエンスージアストだった

2013.09.06 エッセイ

アウトバーン沿いのホテル

IKEA(イケア)といえば世界的な家具チェーンだが、創業者イングヴァル・カンプラードは至って質素な人で、宿泊はもっぱら安いホテルだという。近年の実業界には、たとえエグゼクティブでも、インターネットが通じていれば高級ホテルでなくてもよいという人が少なくないようだ。

そうした時代を反映するのは、近年フランスなどで人気のチェーン系ロードサイド型ホテルだろう。外壁には格安の明朗料金が掲示され、Wi-Fi無料などをうたっている。アメリカのモーテルを想像する読者もいるだろうが、その多くの雰囲気はもっとビジネスライクで、泊まるという機能のみを満たすものである。

いっぽう先日、本サイトのニュース欄でお伝えしたスマートの国際ファンイベント「スマートタイムズ」取材のため、スイス・ルツェルン郊外のシュタンスという町に泊まることになった。
高速道路沿いにあるそのホテルの名前は、南シュタンスにあるホテルを示す「Hotel Stans-Süd(ホテル シュタンス シュッド)」だ。「アウトバーン ホテルズ」というスイスにおける高速隣接ホテルの同業者連盟に加盟しているらしい。 
値段はフランスより高めだが、似たようなものを想像した。もちろん、スイスといえば、ヨーデルを歌いたくなるような山小屋風ホテルに泊まって、壁に掛かった鹿の角の飾り物に囲まれて寝るのが粋なのかもしれない。だが、ボクもどちらかというと、イケアの創業者流なので、全く問題はなかった。

さて当日、ボクの住むイタリア中部から国境を越えてクルマを運転すること7時間、そのホテルに到着した。驚いたことに3階建てのビルの1階は、路線バス「Postauto(ポストアウト)」の整備工場になっていて、ホテルは同じ棟の上階部分という造りだ。
説明しておくと、「ポストアウト」とはスイス郵便が運営する全国ネットのバス運行会社である。山間部の多い地域で旅客と郵便輸送を同じ車で兼ねたのが始まりで、最も古い路線は1906年にスイスのベルンとデトリンゲン間、約20kmを結んだ定期便である。もちろん今では、郵便輸送用とは別の車だが、郵便車と同じ黄色いボディーと角笛のマークが目印である。

そのホテルは、スイス独特のバス「ポストアウト」の整備工場の上にある。スイス・ルツェルン郊外シュタンスにて。
階段の吹き抜けは、「ポストアウト」のミニカーコレクションでびっしりと埋められていた。その高さ14メートル!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。