フォルクスワーゲン「ティグアン」を一部改良

2013.09.03 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ティグアン TSIブルーモーションテクノロジー」
「フォルクスワーゲン・ティグアン TSIブルーモーションテクノロジー」

フォルクスワーゲン「ティグアン」を一部改良

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年9月3日、コンパクトSUV「ティグアン」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

「ティグアン 2.0TSI Rライン4MOTION」
「ティグアン 2.0TSI Rライン4MOTION」

今回の変更では、FF車「TSIブルーモーションテクノロジー」の最高出力を160ps(118kW)に向上。14.6km/リッター(JC08モード)という燃費はそのままに、従来モデルより10psの出力向上を実現した。

一方、4WD車の「2.0TSI Rライン4MOTION」には、純正ナビゲーションシステム“712SDCW”とパドルシフト、フルカラーマルチファンクションインジケーターを標準装備としたほか、“レーンアシスト”や“パークアシスト” などの運転支援装備をパッケージ化したアップグレードパッケージ(48万3000円)を、新たにオプション設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・TSIブルーモーションテクノロジー:345万円
・TSIブルーモーションテクノロジー Rラインパッケージ:385万円
・2.0TSI Rライン4MOTION:456万円

(webCG)
 

関連キーワード:
ティグアンフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンが新型SUV「T-Roc」を世界初公開 2017.8.24 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年8月23日(現地時間)、新型コンパクトSUV「T-Roc」を世界初公開した。フォルクスワーゲンにとって第4のSUVとなるT-Rocは、「ティグアン」よりもひと回り小さなボディーを持ち、成長著しいコンパクトSUV市場へと投入される。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
ホームへ戻る