トヨタ「シエンタ」に新グレードを追加

2013.09.04 自動車ニュース
「トヨタ・シエンタ DICE-G」
「トヨタ・シエンタ DICE-G」

トヨタ「シエンタ」に新グレードを追加

トヨタ自動車は2013年9月3日、コンパクトミニバン「シエンタ」に一部改良を実施し、販売を開始した。


トヨタ「シエンタ」に新グレードを追加の画像
「トヨタ・シエンタ DICE-G」とインパネ。
「トヨタ・シエンタ DICE-G」とインパネ。

今回の改良では、FF車にVSC(横滑り防止装置)&TRC(トラクションコントロール)を標準装備したほか、プロジェクター式ヘッドランプを全車に採用した。

また、新グレードの「DICE-G」をラインナップに追加した。同モデルは専用の外装デザインを持つ「DICE」の装備を強化したもので、具体的には、助手席側のパワースライドドア(挟み込み防止機能・リモコン付き)やIR(赤外線)カットウインドシールドグリーンガラス(UVカット機能付き・熱吸合わせ)、オートエアコン(外気温度表示機能付き)、プラズマクラスター、アームレスト(運転席・助手席)、シートバックポケット(運転席・助手席)、助手席シートアンダートレイなどの快適装備を充実。また、本革巻きシフトノブや、ピアノブラック塗装のシフトレバーベゼルとヒーターコントロールパネルなどを採用するなど、インテリアの上質化を図っている。

ラインナップと価格は以下の通り。
・X:162万5000円(FF)/176万3500円(4WD)
・X“Lパッケージ”:170万5000円(FF)/184万3500円(4WD)
・G:184万5000円(FF)/198万3500円(4WD)
・DICE:171万5000円(FF)/185万3500円(4WD)
・DICE-G:181万円(FF)/194万8500円(4WD)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る