アウディが2ドアクーペのコンセプトを発表【フランクフルトショー2013】

2013.09.05 自動車ニュース
「アウディ・スポーツクワトロ コンセプト」

【フランクフルトショー2013】アウディが2ドアクーペのコンセプトモデルを発表

独アウディは2013年9月4日、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー(開催期間:9月10日~22日)に、「アウディ・スポーツクワトロ コンセプト」を出展すると発表した。

同車は、1983年のフランクフルトショーで発表された「アウディ・スポーツクワトロ」の誕生30周年を記念して開発されたもので、2010年に発表されたスタディーモデル「アウディ・クワトロ コンセプト」のコンセプトを発展させた、4人乗りの2ドアクーペである。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4602×1964×1386mm、ホイールベースは2784mm。外装デザインは太いCピラーと六角形のシングルフレームグリル、LED式のヘッドランプなどが特徴で、フロントリップスポイラーなど随所にCFRP製のパーツを採用している。また、ドアやフェンダーにアルミを、ボンネットやルーフにカーボンを用いるなど、軽量化にも配慮しており、バッテリーを含む車両重量は1850kgとなっている。

パワーユニットはエンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド式で、エンジンには最高出力560ps(412kW)、最大トルク71.4kgm(700Nm)の4リッターV8ツインターボを採用。低負荷走行時に4気筒の燃焼を止める気筒休止システム「COD」や、アイドリングストップ機構の採用などにより、高い効率を実現しているという。また、エンジンとトランスミッションの間に搭載されるモーターは最高出力150ps(110kW)、最大トルク40.8kgm(400Nm)を発生。システム全体の最高出力は700ps(515kW)、最大トルクは81.6kgm(800Nm)となっている。

これにより、スポーツクワトロ コンセプトは、0-100km/h加速が3.7秒、最高速が305km/hという動力性能を実現。また、14.1kWhのリチウムイオンバッテリーにより、50km以上の距離を電気のみで走ることが可能とのこと。燃費は2.5リッター/100km(40.0km/リッター)とされている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。