レクサスから小型SUVのコンセプトが登場【フランクフルトショー2013】

2013.09.05 自動車ニュース
「レクサスLF-NX」
「レクサスLF-NX」

【フランクフルトショー2013】レクサスから小型SUVのコンセプトモデルが登場

トヨタ自動車は2013年9月4日、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー(開催期間:9月10日~22日)に、レクサスブランドのコンセプトカー「LF-NX」を出展すると発表した。

レクサスLF-NXは、全長×全幅×全高=4640×1870×1630mm、ホイールベース=2700mmというディメンションのボディーを持つ、コンパクトSUVのコンセプトカーである。

エクステリアはシャープなプレスラインが特徴で、スピンドルグリルやヘッドランプから独立したL字型のクリアランスランプなど、新型「レクサスIS」にも見られるデザイン要素を随所に採用。一方インテリアは、金属のフレームに革を組み合わせた構成となっており、インターフェイスにはタッチパッド型の新型リモートタッチを採用している。

パワートレインは2.5リッター直4ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム、駆動方式はFFまたは4WDを想定しているという。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る