「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車

2013.09.05 自動車ニュース
「BMW 116i ファッショニスタ」
「BMW 116i ファッショニスタ」

「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車

BMWジャパンは2013年9月5日、「BMW 1シリーズ」の特別仕様車「116i Fashionista(ファッショニスタ)」を490台限定で発売した。


「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車の画像

「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車の画像
リアビューカメラ
リアビューカメラ
レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)
レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)
BMW SOSコール
BMW SOSコール

今回の特別仕様車は、2013年2月に導入された同名の特別仕様車をベースに、最新の運転支援システムなどを追加したものである。

具体的な仕様、装備は以下の通り。

エクステリア
・クローム仕上げキドニーグリル(ホワイトバー<バー前面はクローム仕上げ>)
・17インチYスポークスタイリング380アロイホイール
・7J×17ホイール+205/50R17タイヤ(ランフラットタイヤ)

インテリア
・ダコタレザー オイスター
・ホワイトアクリルガラストリム/マットオキサイドシルバーハイライト
・「Fashionista」専用インテリアバッジ

装備
・リアビューカメラ(予測進路表示機能付き)
・PDC(パークディスタンスコントロール<リア>)
・サーボトロニック(車速感応式パワーステアリング)
・コンフォートアクセス
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ライトパッケージ(ドアハンドル照明+リーディングライト<フロント&リア>+フットウェルライト<フロント>+照明付きバニティーミラー<運転席&助手席>+アンビエントライト)
・オートマチックエアコン(AUC<オートマチックリサーキュレーティングエアコントロール>+マイクロフィルター<花粉除去機能付き>+左右独立温度調節機能+後席用エアアウトレット<風量・温度調節機能付き>+パーキングベンチレーション)
・ドライビングアシストパッケージ(レーンディパーチャーウォーニング<車線逸脱警告システム>+前車接近警告機能+衝突回避・被害軽減ブレーキ+クルーズコントロール<ブレーキ機能付き>)
・BMW SOSコール
・BMW テレサービス

ボディーカラーはアルピンホワイトⅢ、クリムゾンレッド、ミネラルホワイト(メタリックカラー)に、7万5000円のオプションカラーであるディープシーブルー(メタリックカラー)を加えた全4色。ボディーカラーにミネラルホワイトを選ぶと、プラス6万円でファインラインストリームウッドインテリアトリム/マットオキサイドシルバーハイライトのインテリアを組み合わせることができる。

価格は通常モデルから58万円高の366万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る