「レクサスIS F」に走りを高めた特別仕様車

2013.09.06 自動車ニュース
「レクサスIS F ダイナミックスポーツチューニング」
「レクサスIS F ダイナミックスポーツチューニング」

「レクサスIS F」に走りを高めた特別仕様車

レクサスは2013年9月5日、「IS F」の一部改良を行うとともに、特別仕様車「Dynamic Sport Tuning(ダイナミックスポーツチューニング)」を設定し、販売を開始した。

「IS F」
「IS F」
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のインテリア。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のインテリア。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のエンジン。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のエンジン。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のブレーキキャリパー。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のブレーキキャリパー。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のリアディフューザー。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のリアディフューザー。

今回の改良では、新たにカーボン製リアスポイラーとLEDのフロントフォグランプを採用。インテリアでは、シートのヘッドレストに「F」のロゴのエンボス加工を施したほか、ドアトリムやセンターコンソールの表皮にアルカンターラを採用した。

また、高速道路上などに設置されたITS(高度道路交通システム)スポットと双方向通信を行うDSRC(狭域通信)ユニットを全車に装備。ドライバーに、前方の障害物や合流支援などの情報を提供することが可能となった。

同時に設定された「IS F ダイナミックスポーツチューニング」は、エンジンやボディーに専用のチューニングを施すことで、より動力性能を高めた特別仕様車である。

エンジンではピストンやポンプ類といった摺動(しゅうどう)部品のフリクションを低減するとともに、クランクシャフトにコンロッドやピストンを組み付けた状態で、1基ずつ回転させながらダイナミックバランスを取ることで、最高出力をベース車から7ps(5kW)向上。滑らかな回転フィールも実現したという。

さらに、ボディー開口部に新しい接着技術を採用することでボディー剛性を向上させた。専用のカーボンフロントスポイラーやリアディフューザー、ベース車のものより7kg軽いチタンマフラー、オレンジのカラーブレーキキャリパー(「LEXUS」マーク入り)、オレンジをアクセントに配したエンジンヘッドカバー、ネームプレート入りのカーボン室内パネル(センターコンソール/ドアスイッチベース)を特別装備している。

ボディーカラーは、専用色スターライトブラックガラスフレークを含む、全7色の設定となっている。

価格はIS Fが810万円、特別仕様車のIS F ダイナミックスポーツチューニングが1050万円。

(webCG)

関連キーワード:
IS Fレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサス、“F”モデルの10周年を記念した特別仕様車を発表 2018.2.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年2月1日、「レクサスGS F」と「レクサスRC F」に特別仕様車“F 10th Anniversary”をそれぞれ設定し、先着順の予約受け付けを開始した。前者が25台、後者が35台の台数限定で、同年5月の発売を予定している。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る