「レクサスIS F」に走りを高めた特別仕様車

2013.09.06 自動車ニュース
「レクサスIS F ダイナミックスポーツチューニング」
「レクサスIS F ダイナミックスポーツチューニング」 拡大

「レクサスIS F」に走りを高めた特別仕様車

レクサスは2013年9月5日、「IS F」の一部改良を行うとともに、特別仕様車「Dynamic Sport Tuning(ダイナミックスポーツチューニング)」を設定し、販売を開始した。

「IS F」
「IS F」 拡大
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のインテリア。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のインテリア。 拡大
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のエンジン。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のエンジン。 拡大
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のブレーキキャリパー。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のブレーキキャリパー。 拡大
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のリアディフューザー。
「IS F ダイナミックスポーツチューニング」のリアディフューザー。 拡大

今回の改良では、新たにカーボン製リアスポイラーとLEDのフロントフォグランプを採用。インテリアでは、シートのヘッドレストに「F」のロゴのエンボス加工を施したほか、ドアトリムやセンターコンソールの表皮にアルカンターラを採用した。

また、高速道路上などに設置されたITS(高度道路交通システム)スポットと双方向通信を行うDSRC(狭域通信)ユニットを全車に装備。ドライバーに、前方の障害物や合流支援などの情報を提供することが可能となった。

同時に設定された「IS F ダイナミックスポーツチューニング」は、エンジンやボディーに専用のチューニングを施すことで、より動力性能を高めた特別仕様車である。

エンジンではピストンやポンプ類といった摺動(しゅうどう)部品のフリクションを低減するとともに、クランクシャフトにコンロッドやピストンを組み付けた状態で、1基ずつ回転させながらダイナミックバランスを取ることで、最高出力をベース車から7ps(5kW)向上。滑らかな回転フィールも実現したという。

さらに、ボディー開口部に新しい接着技術を採用することでボディー剛性を向上させた。専用のカーボンフロントスポイラーやリアディフューザー、ベース車のものより7kg軽いチタンマフラー、オレンジのカラーブレーキキャリパー(「LEXUS」マーク入り)、オレンジをアクセントに配したエンジンヘッドカバー、ネームプレート入りのカーボン室内パネル(センターコンソール/ドアスイッチベース)を特別装備している。

ボディーカラーは、専用色スターライトブラックガラスフレークを含む、全7色の設定となっている。

価格はIS Fが810万円、特別仕様車のIS F ダイナミックスポーツチューニングが1050万円。

(webCG)

関連キーワード:
IS Fレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 【北京ショー2018】「レクサスES」の7代目がデビュー 2018.4.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年4月25日、北京モーターショー(開催期間:2018年4月25日~5月4日)において、レクサスブランドのセダン「ES」の新型を世界初公開した。
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
ホームへ戻る