レクサス本気の「ドライビングレッスン」体験記(前編)

はじまりから刺激的 2013.09.12 特集 レクサスが富士スピードウェイを舞台に、こだわりのドライビングレッスンを開催した。「オトナが心ゆくまで楽しめる」というプログラムの内容は、一体どのようなものだったのか?

“驚き”がキーワード

面白い、アヤしい、不可解、そう来たかぁ……。最近のレクサスの活動を見ていると、頭の中に「!」や「?」がいくつも点滅する。
例えば本年5月のカンヌ映画祭では、「LEXUS SHORT FILMS(レクサス・ショートフィルム)」と銘打って5作の短編映画のワールドプレミアを開催した。これが映画監督にレクサスのテレビCMやプロモーションビデオを撮影させるというのなら、ありそうな話である。けれども「レクサス・ショートフィルム」は違った。

クエンティン・タランティーノを発掘したことで知られるアメリカの大物映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインが見つけた5人の若手映画監督に自由に映画を撮らせるというのが「LEXUS SHORT FILMS」の中身である。
レクサスはスポンサーとして制作をサポートするものの、ストーリーはクルマとは関係がない。ショートフィルムを撮るにあたって唯一の“縛り”は、「Life is amazing.」を描写するということだけだったという。

10月に第1回を開催する「五感で感じる阿蘇・九州Experienceツアー」も、いままでの自動車メーカーでは考えられなかった新機軸だ。
これは、レクサス車で九州の風光明媚(めいび)な景勝地を巡るツーリングと、サーキットドライブを組み合わせた新しい自動車旅行の提案。阿蘇や湯布院のラグジュアリーなホテルや旅館に宿泊し、大分オートポリスでは現役のSUPER GTドライバーにアドバイスを受けながら、「LFA」や「IS F CCS-R(Circuit Club Sport Racer=サーキットでのスポーツ走行のために開発した特別仕様)」を自ら運転してサーキット走行ができる。

ほかにも、デザイン・アワードや食のイベントを開催したり、青山にレクサスブランドの体験スペース「INTERSECT BY LEXUS」をオープンしたりと、その動きは実にアクティブだ。
ここでレクサスがやろうとしていることは、「AMAZING=驚き」をキーワードに、「体験」や「感動」を提供しようとしていること。いいクルマを作ってお客さんを喜ばすように努めるのは当然として、その次のステージにチャレンジしているのだ。
「ピンとこない」という方も、正直なところ多いだろうと思う。ここで、音楽業界を例にとると、レクサスのやろうとしていることがおわかりいただけるのではないだろうか。


レクサス本気の「ドライビングレッスン」体験記(前編)の画像
「LEXUS AMAZING EXPERIENCE ドライビングレッスン」のひとこま。このイベントでは、参加者自身によるスーパースポーツ「LFA」のサーキット走行(写真)が目玉となっている。
「LEXUS AMAZING EXPERIENCE ドライビングレッスン」のひとこま。このイベントでは、参加者自身によるスーパースポーツ「LFA」のサーキット走行(写真)が目玉となっている。
ドライビングレッスンのインストラクターは、現役のレーシングドライバーたち。写真は左から、SUPER GT選手権で活躍中の石浦宏明、国本雄資の両選手。
ドライビングレッスンのインストラクターは、現役のレーシングドライバーたち。写真は左から、SUPER GT選手権で活躍中の石浦宏明、国本雄資の両選手。
会場では、ドリンクやアイスクリームなどのサービスも。
会場では、ドリンクやアイスクリームなどのサービスも。
富士スピードウェイ内にある、レクサスの研修施設「富士レクサスカレッジ」。今回のレッスンでは、ミーティングや食事の場所に充てられた。
富士スピードウェイ内にある、レクサスの研修施設「富士レクサスカレッジ」。今回のレッスンでは、ミーティングや食事の場所に充てられた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LFAの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る