レクサスが「LS」シリーズに新色を追加

2013.09.06 自動車ニュース
「レクサスLS600h」
「レクサスLS600h」
    拡大

レクサスが「LS」シリーズに新色を追加

レクサスは2013年9月5日、「LS460」「LS460L」「LS600h」「LS600hL」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 

今回の改良では、LEDクリアランスランプに昼間の被視認性を高めるデイライト機能を追加。新デザインのシャークフィンアンテナを採用したほか、ボディーカラーに新色のソニックチタニウムを設定した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・LS460:830万円(FR)/880万円(4WD)
・LS460“バージョンC”:870万円(FR)/920万円(4WD)
・LS460“バージョンC・Iパッケージ”:895万円(FR)/945万円(4WD)
・LS460“Fスポーツ”:980万円
・LS460“バージョンL”:1030万円(FR)/1080万円(4WD)
・LS460L:1130万円(FR)/1180万円(4WD)
・LS460L“エグゼクティブパッケージ”(4人乗り):1260万円(FR)/1310万円(4WD)
・LS460L“エグゼクティブパッケージ”(5人乗り):1260万円(FR)/1310万円(4WD)
・LS600h:1050万円
・LS600h“バージョンC”:1090万円
・LS600h“バージョンC・Iパッケージ”:1115万円
・LS600h“Fスポーツ”:1230万円
・LS600h“バージョンL”:1250万円
・LS600hL:1370万円
・LS600hL“エグゼクティブパッケージ”(4人乗り):1550万円
・LS600hL“エグゼクティブパッケージ”(5人乗り):1550万円

(webCG)
 

関連キーワード:
LSレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る